おすすめライブ配信PCトップピック ストリーミングを支配する選択

目次

ストリーミングマスターにおすすめのPCスペック解説

ストリーミングマスターにおすすめのPCスペック解説

高速CPUの重要性と最適な選択肢

ゲーム実況の世界でトップ配信者になるためには、ストリームの品質を左右するPCスペックへの理解が不可欠です。

中でも核となるのは高速CPUの選定であり、これが多くの処理をスムーズにこなし、視聴者に快適な視聴体験を提供する重要な鍵となります。

選択肢としては、IntelのCore i7 あるいは i9 シリーズとAMDのRyzen7 あるいは Ryzen9 シリーズが挙げられます。

これらの高性能プロセッサは、複数のコアを持つマルチコア設計が特徴で、ゲームプレイの同時処理はもとより、高解像度の動画エンコードやライブストリームへのリアルタイムアップロードなど、複雑なタスクを同時にこなすことができます。

特に注目すべきはストリーミングでは多大なリソースを消費するため、より多くのコアと高いクロックスピードを備えたCPUが望ましいという点です。

しかも、積極的にオーバークロックを利用することで、これらのプロセッサはさらに力を発揮し、視聴者を飽きさせないような快適でスムースな映像配信を実現します。

さらに念頭に置くべきは、将来的なアップグレードの拡張性を考慮した選択です。

予算や個々の要件に応じて、現時点で最高のモデルを選んでも、技術進化に伴い次第に更新を要することになるでしょう。

ゲーム実況と配信の技術はポテンシャルを拡大し続けており、プロセッサー選びは投資であり、長期的な成功の道を切り開く貴重な一歩となるのです。

最適な高速CPUによって装備されたPCは、ストリーミングマスターへの飛躍的な成長を後押しするでしょう。

最新CPU性能一覧


型番 コア数 スレッド数 定格クロック 最大クロック Cineスコア
Multi
Cineスコア
Single
公式
URL
価格com
URL
Core i9-14900KS 24 32 3.20GHz 6.20GHz 40988 2390 公式 価格
Core i9-14900K 24 32 3.20GHz 6.00GHz 40937 2332 公式 価格
Core i9-14900KF 24 32 3.20GHz 6.00GHz 40937 2332 公式 価格
Ryzen 9 7950X 16 32 4.50GHz 5.70GHz 38417 2055 公式 価格
Ryzen 9 7950X3D 16 32 4.20GHz 5.70GHz 38341 2026 公式 価格
Core i7-14700K 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35351 2210 公式 価格
Core i7-14700KF 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35351 2210 公式 価格
Core i9-14900 24 32 2.00GHz 5.80GHz 33610 2184 公式 価格
Core i9-14900F 24 32 2.00GHz 5.80GHz 33610 2184 公式 価格
Core i7-14700 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32389 2079 公式 価格
Core i7-14700F 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32389 2079 公式 価格
Ryzen 9 7900X 12 24 4.70GHz 5.60GHz 29124 2017 公式 価格
Ryzen 9 7900 12 24 3.70GHz 5.40GHz 28725 1948 公式 価格
Ryzen 9 7900X3D 12 24 4.40GHz 5.60GHz 26916 2022 公式 価格
Core i5-14600K 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24529 2080 公式 価格
Core i5-14600KF 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24529 2080 公式 価格
Core i5-14500 14 20 2.60GHz 5.00GHz 21977 1928 公式 価格
Ryzen 7 7700X 8 16 4.50GHz 5.40GHz 20272 1994 公式 価格
Ryzen 7 7700 8 16 3.80GHz 5.30GHz 19418 1916 公式 価格
Ryzen 7 7800X3D 8 16 4.50GHz 5.40GHz 17651 1796 公式 価格
Core i5-14400 10 16 2.50GHz 4.70GHz 15974 1758 公式 価格
Core i5-14400F 10 16 2.50GHz 4.70GHz 15974 1758 公式 価格
Ryzen 5 7600X 6 12 4.70GHz 5.30GHz 15220 1960 公式 価格
Core i3-14100 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9034 1728 公式 価格
Core i3-14100F 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9034 1728 公式 価格

必要不可欠なメモリ容量とその効果

ゲーム実況やライブ配信を行う際、PCのメモリ容量はパフォーマンスを大きく左右する要素です。

ストリーミングを滑らかに行なうには、十分な量のメモリが不可欠となります。

では、なぜメモリ容量が重要なのでしょうか。

実は、メモリはPC内で作業データを一時的に保持し、プロセッサが迅速にアクセスできるようにする役割を果たすため、メモリ容量が多ければ多いほど多くのデータを同時に扱えます。

特にゲームプレイの映像をエンコードするプロセスは、メモリを多く消費します。

たとえば、高解像度でのストリーミングの場合、その処理は更にメモリを要します。

1080pで60fpsの配信を想定した場合、少なくとも16GBのメモリが推奨されます。

これは、ゲーム自体の必要メモリ量に加え、配信用ソフトウェアや同時に動かすかもしれないウェブブラウザ、チャットアプリケーションなども踏まえた量です。

更に、複数画面でのストリーミングや、視聴者とのインタラクティブなコンテンツを同時にこなす場合は、メモリ容量を32GBまで増やすことで、スムーズな配信とマルチタスキングを実現できます。

これにより、ストリーミングは高品質なものへと変わり、視聴者に快適な視聴体験を提供できるのです。

結論として、ストリーミング用のPCを選ぶ際には、メモリ容量を重視することが肝心です。

十分なメモリ容量を確保することで、ストリーミングの質を高め、視聴者にとっても、そして配信者にとっても得がたい体験を生み出すことができるのです。

メモリはPC性能の基盤ともいえる部分であり、配信を支配する選択をするためにも、見落とせないスペック詳細の一つと言えるでしょう。

ゲーム実況向けグラフィックスカードの選び方

ゲーム実況においては、グラフィックスカードが重要な役割を果たします。

高解像度かつ高フレームレートでゲームをプレイし、さらにそれをスムーズにストリームするためには、適切な性能を備えたグラフィックスカードが必須です。

理想的には、最新のゲームを快適に動かせるだけのパワーを持つことが求められますが、バランスも考慮する必要があります。

ストリーミングには、ゲームをプレイしながら同時に動画のエンコードを行う処理能力も求められるため、単にゲーム用途のカードとは異なる特性をチェックする必要があります。

NVIDIAのGeForceシリーズやAMDのRadeonシリーズといったブランドから出ている中上位モデルでは、これらの要件を満たしています。

特に、NVIDIAのRTXシリーズでは、エンコードに優れたNVENCを利用することで、CPUの負荷を減らしつつ高品質のストリーム配信が可能です。

画質設定をフルHD以上で、高フレームレートを目指す場合は、RTX4070以上のモデルを選ぶと良いでしょう。

また、4K配信に挑戦するならば、RTX4080やRTX4090といったより高性能なカードが適しています。

予算との兼ね合いもあるでしょうが、配信の質を優先したいと考えるならば、将来的なゲームの進化にも対応できるよう、可能な限り上位モデルを選択するのが賢明です。

ストリーミング時にはグラフィックスカードの性能が直接視聴者の体験に影響を与えるため、選び方には特に注意を払うことが必要です。

最適な商品を選ぶことで、視聴者にとって忘れがたい実況体験を提供することができるでしょう。

最新グラフィックボード(VGA)性能一覧


GPU型番 VRAM 3DMarkスコア
TimeSpy
3DMarkスコア
FireStrike
TGP 公式
URL
価格com
URL
GeForce RTX 4090 24GB 35988 73281 450W 公式 価格
Radeon RX 7900 XTX 24GB 29927 72584 355W 公式 価格
GeForce RTX 4080 Super 16GB 28979 67553 320W 公式 価格
Radeon RX 7900 XT 20GB 26030 66741 300W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Ti Super 16GB 23604 55011 285W 公式 価格
Radeon RX 7800 XT 16GB 19821 49904 263W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Super 12GB 19135 50545 220W 公式 価格
GeForce RTX 4070 12GB 17874 45359 200W 公式 価格
Radeon RX 7700 XT 12GB 16900 41963 245W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 8GB 8GB 13389 34215 160W 公式 価格
Arc A770 16GB 16GB 13388 34660 225W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 16GB 16GB 13273 34034 165W 公式 価格
Arc A750 8GB 12398 30034 225W 公式 価格
Radeon RX 7600 8GB 10768 31379 165W 公式 価格
GeForce RTX 4060 8GB 10598 28257 115W 公式 価格
Arc A580 8GB 10589 27188 185W 公式 価格
GeForce RTX 3060 8GB 8GB 7297 19397 170W 公式 価格
GeForce RTX 3050 8GB 6239 15859 130W 公式 価格

ストレージの種類とゲーム配信における速度面の影響

ストリーミングマスターを目指す方々にとって、PC選びで重視すべきポイントの一つがストレージです。

ゲーム実況においては、データの読み込み速度が致命的な遅延を防ぎ、スムーズな配信を実現する鍵となります。

現在、主流となっているストレージにはSSD(ソリッドステートドライブ)とHDD(ハードディスクドライブ)があります。

SSDは、データアクセス速度に優れ、耐久性や消費電力面でも利点を持つため、積極的に配信活動をされる方には推奨されます。

特にゲームのロード時間が大幅に短縮されるため、配信中の待ち時間が減り、視聴者の満足度を高めることが可能です。

さらに、高速な書き込み能力のため、プレイ中のゲームのセーブデータや、同時に記録される配信データの処理が迅速になります。

一方、HDDはコストパフォーマンスに優れ、大容量データの保存に適していますが、SSDに比べると速度面で劣るため、ライブ配信の主なストレージとしてはお勧めしません。

ただし、録画した配信データのアーカイブとして二次的に利用するのには最適です。

ゲーム実況においては、画面の応答速度や遅延のなさが直接視聴体験に影響するため、ストレージの選択は重要なファクターです。

SSDを主要なストレージとし、適宜HDDを補助的に使うことで、ストリーミング配信の質を最大限に高めることができるでしょう。

ストレージの種類を理解し、自分の配信スタイルに合った適切な組み合わせを選ぶことが、配信活動を成功に導く要となるのです。

SSD規格一覧


ストレージ規格 最大速度MBs 接続方法 URL_価格
SSD nVMe Gen5 16000 m.2 SSDスロット 価格
SSD nVMe Gen4 8000 m.2 SSDスロット 価格
SSD nVMe Gen3 4000 m.2 SSDスロット 価格
SSD SATA3 600 SATAケーブル 価格
HDD SATA3 200 SATAケーブル 価格
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ゲーミングPC ZEFTシリーズ
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ホームページ

ゲーム実況に最適なPCブランドレビュー

ゲーム実況に最適なPCブランドレビュー

信頼と実績のあるPCメーカーの紹介

信頼と実?を誇るPCメーカーは、ゲーム実況に求められる高性能かつ安定したマシンを提供します。

その中でも、ゲーム実況の世界において名を馳せているのが、例えばGALLERIA、G-Tune、ZEFTなどです。

これらのメーカーは、最新のプロセッサやグラフィックカードを駆使した製品を展開し、高いフレームレートや4K解像度での配信が可能なパワフルなパフォーマンスを実現しています。

実際、ガレリアは、その独特のデザインと光り輝くエイリアンのヘッドロゴで視聴者に印象を残しつつ、強力なゲーム体験を提供し続けています。

さらに、視覚美だけでなく、長時間の耐久性や冷却システムにも優れているため、ストリーミングの長丁場でもパフォーマンスの低下を最小限に抑えることができるのが魅力です。カスタマイズに富んだオプションを提供し、ストリーマーが自身のニーズに合わせた仕様を選択できる柔軟性もポイントであり、特に配信において固有の要求に応えることが可能です。

このようなメーカーから提供されるPCは、ゲーム実況者がストリーム中に直面するあらゆる課題を克服し、視聴者に対して快適で滑らかな視聴体験を届けることができるため、おすすめするに値します。

高品質なゲーム実況を実現する道具として、これらの信頼と実績のあるPCメーカーの存在は非常に重要であり、ストリーミングの質を支配する選択と言えるでしょう。

コスパ最強のゲーム配信向けPCブランド

ゲーム配信の世界では、高性能なPCがなければトップストリーマーへの道は遠いものです。

中でも、コストパフォーマンスを重視するなら注目すべきブランドが存在します。

ユーザーのニーズに合わせて最適なスペックのPCを組み上げ、手の届きやすい価格で提供しています。

特にストリーミング用のPC選びには、確かな性能とお手頃な価格が求められるため、これらのブランドから好みに合ったモデルを選ぶのが賢明だと言えるでしょう。

ストリーミングでは、安定したフレームレートと高解像度での配信が不可欠ですが、これらのブランドは強力なグラフィックカードや適切なCPUクーリングシステムを搭載しており、長時間の使用でも高いパフォーマンスを維持します。

さらに多くのストリーマーが求めるカスタマイズ性も兼ね備えており、将来的なアップグレードも容易です。

しかも、これらのコスパ最強ブランドはアフターサービスにも力を入れており、技術的なサポートを受けやすいため、初心者から熟練のゲーマーまで幅広いユーザーに支持されています。

ストリーミングを支配するためには、パフォーマンス、価格、サポートの三拍子が揃ったPCブランドを選ぶことがキーとなるわけです。

故に、コスパ最強と評されるPCブランドは、今後もゲーム実況者たちの信頼を集め続けることでしょう。

クリエイター向けPC おすすめモデル5選

パソコンショップSEVEN ZEFT R52F

パソコンショップSEVEN ZEFT R52F

快速ゲーミング体験を叶えるモデレートミドルセグメントのPC
絶妙なパフォーマンスバランス、注目は32GBのDDR5メモリと高速2TB NVMe SSD
美しさを際立たせるCorsair 5000X RGBケース、光り輝くデザインモデル
最先端のRyzen 9 7900X、パワフルなメインストリームCPU

【ZEFT R52F スペック】
CPUAMD Ryzen9 7900X 12コア/24スレッド 5.60GHz(ブースト)/4.70GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:7300Gbps/6600Gbps WD製)
SSD 4TB (m.2 nVMe READ/WRITE:200Gbps/200Gbps NB製)
ケースCorsair iCUE 5000X RGB
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R52F

パソコンショップSEVEN ZEFT Z48BC

パソコンショップSEVEN ZEFT Z48BC

重厚な作業も軽々とこなすエフォートレスミドルグレードのゲーミングPC
バランスの良いパフォーマンスで、快適な使い心地を実現
スタイリッシュなホワイトケースに映えるサイドのクリアパネル
最新Core i7の力で、スムーズなマルチタスクを可能に

【ZEFT Z48BC スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 Super (VRAM:12GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z48BC

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BLW

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BLW

ゲームもクリエイティブ作業も余裕でこなす、プロ級ゲーミングPC
RTX 4070とi9-14900KFの融合が生む、スムーズでパワフルなパフォーマンス
目を引くPop XL Air RGBケース、美しさと冷却性能を両立したデザインモデル
Core i9-14900KF搭載、マルチタスク性能が光る高速処理マシン

【ZEFT Z45BLW スペック】
CPUIntel Core i9 14900KF 24コア/32スレッド 6.00GHz(ブースト)/3.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:7300Gbps/6300Gbps WD製)
ケースFractal Design Pop XL Air RGB TG
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 360L CORE ARGB
マザーボードintel Z790 チップセット ASRock製 Z790 Pro RS WiFi
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BLW

パソコンショップSEVEN ZEFT R56DS

パソコンショップSEVEN ZEFT R56DS

ハイパフォーマンスを追求するクリエイターからハードゲーマーまで、このゲーミングPCがあれば満足間違いなし
スムーズかつ迅速なプレイに対応する32GB DDR5メモリ、ここに注目
クリアパネルでスタイルを際立てる、Corsair 4000D Airflow TGの秀逸デザインを誇るマシン
Ryzen 7 7700搭載、パワフルかつスマートな処理能力を誇るPC

【ZEFT R56DS スペック】
CPUAMD Ryzen7 7700 8コア/16スレッド 5.30GHz(ブースト)/3.80GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4080 Super (VRAM:16GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
SSD SSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースCorsair 4000D Airflow TG Black
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R56DS

パソコンショップSEVEN ZEFT R53JB

パソコンショップSEVEN ZEFT R53JB

ゲーム好きにぴったりのパフォーマンス、ハイバリュースタンダードのゲーミングPC
イデアルマッチでアドバンストスタンダードを実現。頼れる性能を16GBメモリと共に
洗練されたFractalデザイン、小さな筐体でも大きな可能性を秘めたモデル
力強い処理能力、最新のRyzen7で高速タスクを軽々とこなす

【ZEFT R53JB スペック】
CPUAMD Ryzen7 7800X3D 8コア/16スレッド 5.00GHz(ブースト)/4.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースFractal North ホワイト
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R53JB

カスタムPCで差をつけるストリーミング体験

ゲーム実況に最適なPCブランドを選ぶ際、その重要な要素の一つがカスタムPCの存在です。

カスタムPCは、既成品のパソコンと異なり、使用者のニーズに合わせて部品を選び、最適化された構成を可能にします。

ストリーミングを支配するには、パワフルなプロセッサ、高速なグラフィックカード、十分なメモリ容量、そして迅速なデータアクセス速度を提供するSSDが必要不可欠です。

カスタムPCではこれらのスペックを最大限に活用して、ゲームの快適なプレイはもちろん、高画質なライブ配信もスムーズに行えるようになります。

また、カスタムPCではオーバークロッキングや冷却システムなどの細かなカスタマイズが可能であり、それにより長時間の使用でもパフォーマンスの劣化を最小限に抑えることができます。

このような細かな構成の調整は、配信時に発生する予期せぬトラブルを事前に回避し、視聴者に対してプロフェッショナルな配信体験を提供するためにも鍵となります。

さらに、カスタムPCの外観も重要な要素です。

光るケースファンやRGB LEDライティングは、配信のビジュアル面で個性を演出し、視聴者に印象づける効果があります。

このようにカスタムPCは、ゲーム実況を行う際に、単なる作業道具ではなく、配信者のアイデンティティを表現するパーソナライズツールとしても機能します。

確かに、カスタムPCの導入はコスト面で標準的なPCより高価になる可能性がありますが、最上のストリーミング体験を追求するための価値ある投資であるといえるでしょう。

自らの手で理想の配信環境を築き上げ、視聴者にとって忘れがたい配信を実現するために、カスタムPCの選択は不可欠なのです。

生配信を支配するカスタムビルドの魅力

生配信を支配するカスタムビルドの魅力

自作PCとプリビルドPCのストリーミングパフォーマンス比較

ストリーミングの世界において、PCのパフォーマンスは非常に重要です。

自作PCとプリビルドPC、二者の間でストリーミングパフォーマンスに大きな差があるのでしょうか。

自作PCは選べる自由度の高さが魅力です。

使用するパーツを一つ一つ選び、自分のニーズに合ったマシンを構築することができます。

これにより、ゲーム実況に必要な高いグラフィック処理能力やマルチタスク処理能力を備えたマシンを作り出すことが可能になります。

一方、プリビルドPCはメーカーによって組み立てられ、安心のサポート体制が整っている点が大きな利点です。

加えて、時間と労力をかけずに購入からすぐにストリーミングを開始できる手軽さがあります。

しかし、自作PCに比べるとカスタマイズの自由度が低く、コストパフォーマンスについても一概に優れているとは言えません。

ストリーミングパフォーマンスを徹底的に追求する場合、自作PCの方がマザーボードやCPU、メモリといった要素を細かく選定し、最適化することが可能です。

さらに、ゲーミングとライブ配信の双方に必要なパワーを見極め、これらをバランスよく組み合わせることで最高のストリーミング環境を構築できます。

結局のところ、ストリーミングパフォーマンスを比較するにあたっては、自作PCとプリビルドPCのどちらが優れているか一概には言えないのです。

ゲーム実況者の技量、予算、さらには配信するゲームの種類や規模によってベストな選択が異なります。

しかし、両者の特性を理解し、自身のニーズに合わせた適切なPCを構築することが、最高のライブ配信経験を提供する鍵となるでしょう。


ゲーミングPC構築時のおすすめコンポーネントリスト

ゲーミングPCの組み立てには、選び抜かれたコンポーネントが心臓部となり、生配信の質を大きく左右します。

最初に、強力なプロセッサーが必要です。

例えば、Intel Core i7やAMD Ryzen 7などのマルチコアが推奨されます。

これによって、重いゲームもスムーズに動作し、同時に配信ソフトウェアも問題なく使えるようになります。

次に、グラフィックスカードですが、NVIDIAのGeForce RTX シリーズやAMDのRadeon RX シリーズから選択すると良いでしょう。

これらは高解像度のゲーム配信において、快適なフレームレートを提供し、視聴者にも快適な視聴環境をもたらします。

メモリは少なくとも16GBを搭載し、可能であれば32GBを目指してください。

生配信では多くのタスクが同時に走るため、メモリの容量がストリーミングのパフォーマンスに影響します。

ストレージに関しては、SSDを選ぶことが望ましく、ゲームやソフトウェアのロード時間を短縮し、配信の機敏性が向上します。

冷却システムも重要な要素です。

高性能なコンポーネントは熱を発生しやすいため、効率の良いエアフロー設計のケースや、水冷式のクーラーを装備することで、システムを安定して稼働させることができます。

最終的には、これらのコンポーネントが調和し、生配信中にもゲーム実況者は視聴者とコミュニケーションを取りながら、スムーズなプレイを展開できるというわけです。

厳選されたパーツの組み合わせが、最高の配信体験を実現させるのです。

配信者必見! パフォーマンスと価格のバランスの取り方

生配信で視聴者を魅了するためには、パフォーマンスと価格のバランスが肝心です。

実況配信において、滑らかなストリーミングは視聴者の満足度を向上させる一方で、高いスペックが求められることも事実。

しかし、最新かつ最高級のコンポーネントへの多額の投資が必ずしも必要ではありません。

理想的な配信環境を実現するには、まず必要なスペックを理解するところから始めます。

例えば、高解像度での配信を考えているならば、強力なグラフィックカードと高速なプロセッサは必須となります。

しかし、1080pでの配信であれば、そこまでの高スペックは不要かもしれません。

そこで重要なのが、自身のニーズに合わせてコストと性能の最適なポイントを見極めることです。

適切な部品選びには、自身が配信したいゲームの要求スペックを知ることも大切です。

必要以上のスペックに投資するよりも、配信するゲームが快適に動作し、かつ余裕をもってエンコードできる程度の構成を選ぶのが賢明です。

また、PCのアップグレードは部分的に行うことも可能なため、初期投資を抑えつつ、将来的にはパーツの交換による性能向上が見込める点も魅力的です。

コストパフォーマンスに優れたビルドのポイントとしては、ストリーミング専用機とゲームプレイ用PCを別にする戦略も検討に値します。

これにより、一台のPCに過度な負荷をかけることなく、効率的にリソースを管理することが可能です。

配信者がビルドに望むのは、コストを抑えつつも長期間にわたって信頼性の高いパフォーマンスを発揮するPCです。

そのためにも、市場を常に見極め、最適なタイミングで最適な部品を選ぶことが重要と言えます。

視聴者へ最高のエンターテインメントを提供するためには、配信者自身がテクノロジーに精通し、状況に応じた機能とコストのバランスを取る目利きが求められるのです。

BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN スペック検索
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN クリエイター向けPC EFFAシリーズ

配信ソフトウェアとPCの相性

配信ソフトウェアとPCの相性

推奨PCスペックと人気配信ソフトウェアの比較

配信ソフトウェアとPCの相性は、ゲーム実況で快適なストリーミングを実現するためには不可欠な要件です。

通常、人気のある配信ソフトウェアにはそれぞれ推奨されるPCスペックがあり、これに適合することで視聴者にとってもストリーマーにとっても滑らかで高品質なライブ配信体験を提供できます。

例えば、OBS StudioやXSplitといったソフトウェアでは、高解像度での配信を考慮してクアッドコア以上のCPUや、負荷のかかるエンコーディング処理に対応するための強力なグラフィックカードが重要とされます。

また、RAM容量も配信のクオリティに影響を与える要素として見過ごせません。

最低限8GBのRAMが推奨されますが、より複雑なシーンをスムーズに処理するためには16GB以上が望ましいでしょう。

ストレージに関しては、速度や容量がカギを握ります。

SSDを使用することで、ゲームや配信ソフトウェアのロード時間が短縮され、視聴者を待たせることなく、またストリーマー自身がゲームプレイに集中できる環境を実現します。

実況配信では、PCだけでなく、ソフトウェアの最適化も極めて重要です。

多くの配信ソフトウェアは細かな設定変更を可能とし、パフォーマンスの向上を図ることができます。

例えば、ビットレートの調整を行うことで、配信の画質と滑らかさのバランスを取ることが可能です。

また、ゲーム実況で使用されるPCは、ハードウェアの能力をフルに活かすためにも、最新のドライバやOSのアップデートを常に行い、ピークパフォーマンスをキープすることが求められます。

以上のポイントを踏まえ、ゲーム実況における最適なPC選びは、ただ高性能なハードウェアを揃えるだけでなく、使用する配信ソフトウェアとの相性を考え、細やかな設定の調整によって最大限のパフォーマンスを引き出すことが可能だと言えるでしょう。

包括的な検討と調整が、ストリームの質を決定づけるという事実を理解することが、一流のストリーマーになるための第一歩です。

クリエイター向けPC おすすめモデル4選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z48DA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z48DA

プレミアムゲーム体験をコミットするモダンバランスクラスのゲーミングPC
圧倒的なグラフィックスと迅速な処理力、均整の取れたハイスペックモデル
静寂を纏ったAntec P10 FLUXの洗練されたデザイン性に注目
Core i7 14700F搭載、力強いマルチタスクと高速性能を実現

【ZEFT Z48DA スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 Super (VRAM:12GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースAntec P10 FLUX
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel H770 チップセット ASUS製 TUF Gaming H770-PRO WIFI
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z48DA

パソコンショップSEVEN EFFA G05E

パソコンショップSEVEN EFFA G05E

高性能ゲーミングPC、アドバンスドミドルクラスのパフォーマンスを体感せよ
リアルタイムレイトレーシング? こちらRTX 4070 Super搭載で応えます
煌めくNZXT H6の清潔感漂うホワイトケースに注目
最新の力、Core i7 14700KFで、処理速度の壁を突破

【EFFA G05E スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 Super (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
キャプチャカードキャプチャボード AVERMEDIA Live Gamer 4K GC575
ケースNZXT H6 Flow White
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 TUF B760M-PLUS WIFI D4
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN EFFA G05E

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45GSA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45GSA
【ZEFT Z45GSA スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースNZXT H5 Flow White
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45GSA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47GL

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47GL

アルティメットゲーム体験を創出するスーペリアバジェットマシン
速度と美しさのバランスを極めたスペック、ゲームの世界を快適に支配
見せる喜び、Corsairの透明パネルが際立つモダンデザインケース
力強いパフォーマンス、最新のCore i5で作業もプレイもスムーズに

【ZEFT Z47GL スペック】
CPUIntel Core i5 14400F 10コア/16スレッド 4.70GHz(ブースト)/2.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCorsair 4000D Airflow TG Black
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47GL

マルチストリーミング時のPC要求スペック

配信ソフトウェアとPCの相性はゲーム実況において中核をなすテーマです。

特にマルチストリーミング時のPC要求スペックは、複数のプラットフォームで同時配信を行う上で欠かせない要点となります。

ここでは、マルチストリーミングに適したPCの性能について明らかにしていきたいと思います。

スムーズなマルチストリーミングを実現するために必要なのは、高い処理能力を誇るマルチコアのCPUです。

これがあることで、同時に複数のデータを処理する際に重要な計算が迅速に行われます。

また、ゲームの映像を高品質に保ちつつエンコードする力も求められるため、推奨されるのは高性能のグラフィックスカードです。

さらに、ストリーミング時には非常に大きなデータが動くため、迅速な読み書きができるSSDの導入は欠かせません。

その上で、充分なRAM容量も重要です。

最低でも16GBは必要とされますが、より多くのプラットフォームに配信する場合は32GB以上が理想的です。

ネットワーク環境にも目を向けるべきで、安定した高速インターネット接続が必須です。

これにより、配信中の途切れや遅延が防げ、視聴者に快適な視聴体験を提供することができます。

このように、マルチストリーミングには、複数のプラットフォームへの負荷を分散させつつ品質を維持できる高スペックなPCが不可欠です。

適切なPCを選定することで、配信者は技術の限界に挑戦し、その創造性を最大限に発揮することができるのです。

配信クオリティを高めるPC設定のポイント

配信クオリティを高めるには、PC設定が鍵となります。

まず、CPUとメモリの割り当てに目を向けましょう。

配信ソフトウェアは多大なリソースを要求するため、適切なリソース確保が必要です。

PCが複数のコアを持つCPUであれば、ソフトウェアがコアの使用を効率良く分散させることを確認してください。

この効率化により、エンコードプロセスがスムーズに行われ、配信の品質が向上します。

次に、グラフィックカードの設定です。

特にNVIDIAやAMDの最新カードを搭載している場合、専用のエンコーダーを使用することでCPUの負担を減らし、ゲームプレイと配信の両方で優れたパフォーマンスを発揮します。

また、解像度とフレームレートのバランスを見極め、配信では高いフレームレートよりも安定した映像を優先することが重要です。

視聴者に快適な視聴体験を提供するためには、途切れることなく一定の画質を保つことが肝要です。

ライブ配信中のPCの冷却も見逃せません。

高温はパフォーマンスの低下を引き起こす主因ですので、適切な冷却システムを設置し、PC内部の温度管理に細心の注意を払う必要があります。

ストリーミングはエンドレスなエンターテイメントですが、それを継続するためには、高い品質を維持する努力が不可欠です。

選択したPC設定が、まさに視聴者に約束された価値ある体験を届けるための最良の味方となるでしょう。

ストリーミング専用PCとゲーミングPCの違い

ストリーミング専用PCとゲーミングPCの違い

クリエイター向けPC おすすめモデル4選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BK

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BK

高性能ゲームに適したパフォーマンス、スタンダードに新たな基準を―その名は、アドバンストゲーミングPC
注目のバランス―GeForce RTX 4060Tiと32GBメモリがもたらす圧倒的パワーハーモニー
クリアパネルから覗く先進技術、ミドルタワーケースのお洒落なフォルム
快速に進化したCore i7 14700が君臨する未来型パフォーマンス

【ZEFT Z47BK スペック】
CPUIntel Core i7 14700 20コア/28スレッド 5.40GHz(ブースト)/2.00GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 80Plus BRONZE認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BK

パソコンショップSEVEN ZEFT R57G

パソコンショップSEVEN ZEFT R57G

力強いプレイ体験を実現、これぞプロ仕様のゲーミングPC
頂点を極めるパフォーマンス、バランスと速度の融合モデル
スタイリッシュなミドルタワーケース、スペースを取らずに機能美を装う
多彩なタスクを滑らかにこなす、高性能プロセッサ搭載マシン

【ZEFT R57G スペック】
CPUAMD Ryzen9 7900X 12コア/24スレッド 5.60GHz(ブースト)/4.70GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースThermaltake Versa H26
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ DeepCool製 水冷CPUクーラー LE520
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R57G

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45GS

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45GS

プロの熱狂を駆り立てる、ハイエンドゲーミングPC
シームレスな体験の結晶、32GBメモリ&1TB NVMe SSDのハーモニー
透明感溢れるクリアパネルケース、美しさと機能性を兼ね備えたデザインモデル
Core i7-14700KF搭載、極限まで楽しむためのパワーハウス

【ZEFT Z45GS スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースThermaltake Versa H26
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45GS

パソコンショップSEVEN ZEFT R52CE

パソコンショップSEVEN ZEFT R52CE
【ZEFT R52CE スペック】
CPUAMD Ryzen9 7900X 12コア/24スレッド 5.60GHz(ブースト)/4.70GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 Super (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:7300Gbps/6600Gbps WD製)
ケースNZXT H5 Flow White
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R52CE

ゲーム実況PCに必要な特別なスペック要件

ゲーム実況に適したPC選びは、極めて専門性が高く、ストリーマーたちが求めるのは、プレイするゲームをスムーズに実行しながらも、一方で配信の質を落とさない強力なマシンです。

特に、複雑な高解像度グラフィックを持つゲームをプレイしつつ、高画質での同時ストリーミングを行う場合、マルチタスク処理能力が優れているCPUは必須です。

例えば、最新のマルチコアプロセッサが好まれます。

さらに、ゲーム実況PCには大量のデータを一時的に保存するための高速メモリが欠かせません。

通常の作業用PCと比較して、実況PCに搭載されるRAMの容量は一般的には大きく、快適なストリーミングを達成するために16GB以上が推奨されます。

加えて、ロード時間の短縮とゲームの起動速度の向上を考慮して、SSDの利用が一般化しています。

ゲーム映像を処理するグラフィックカードも見逃せないポイントで、安定したフレームレートと高い画質を維持するために、ハイエンドなビデオカードが望ましいです。

実況中にゲームプレイやチャットへの即時反応が求められ、これを支えるためには、応答速度の速いディスプレイや信頼性の高い入力デバイスのサポートも考慮に入れるべきです。

これらの要素を総合すると、ストリーミング専用のPCは、ただ高性能なだけではなく、ゲーム実況という特殊な状況において最大のパフォーマンスを発揮するように、特別なスペックの組み合わせが要求されることが理解いただけるでしょう。

実況者のニーズに合わせたPCがあれば、視聴者に快適な視聴体験を提供し、ストリーミングの世界を支配することが可能です。

ストリーミングに最適化されたPCの機能性

ストリーミングに最適化されたPCは、ライブ配信において滑らかでクリアな映像と音声を提供することを目的として特別にチューニングされています。

これらのPCは、複数の高性能CPUコアと強力なグラフィックカードを搭載し、複雑なゲームグラフィックスを処理しながら同時にストリーミングが可能な力強いパフォーマンスを発揮します。

さらに、高速なメモリと大容量のストレージは、膨大なデータの処理とアーカイブに不可欠です。

オーバーレイや複数のカメラソース、高品質なオーディオインターフェースなどの周辺機器とも高い互換性を持ち、配信者がクリエイティブな表現をする際の支障を極力減らします。

また、エンコーディングに必要なソフトウェアとハードウェアの最適化は、多様なストリーミングプラットフォームでの安定した配信品質を保証します。

これにより、ストリーミング専用PCは単なるゲームプレイとは異なり、複数のタスクを同時に効率的にこなすことができるのです。

さらに、イーサネットや高速Wi-Fi接続など、信頼性の高いインターネット接続をサポートし、ライブ配信中の中断や遅延を最小限に抑えるために必須の機能を備えています。

これらはストリーマーが視聴者に対してプロフェッショナルな配信を行い、競争の激しい配信業界で注目されるためには欠かせない要素です。

総じて、ストリーミング専用PCはゲームプレイだけでなく、多くの要求を同時に満たす機能性を有し、配信者が視聴者に優れたエンターテインメントを提供し続けられるよう支える重要なツールなのです。


用途別PC選びの設計思想

ストリーミング専用PCとゲーミングPC、一見似通っている技術の代名詞のように語られることがあるが、実際にはその設計思想に大きな違いが隠されています。

ストリーミング専用PCは、動画エンコーディングや一貫した高速ネットワークパフォーマンスを重視しており、これには複数のプロセスを同時に扱うマルチスレッディング性能が必須となります。

一方、ゲーミングPCは高解像度でのゲームプレイと、高フレームレートを実現するための強力なグラフィックカードとCPUに焦点を当てています。

特にストリーミングを行ないながらのゲーム実況を考えた場合、これら二つの機能を兼ね備えたPCが求められますが、それだけにストリーミング専用PCでは快適なゲームプレイができない場合や、ゲーミングPCではエンコード作業に難がある場合があります。

そのため、用途別PC選びでは、自身の主な使用目的を見極め、それに適したスペックや機能に注目することが肝要です。

生配信での滑らかなコミュニケーションと視聴者へのストレスのない視覚体験を提供するためには、適切な設計思想に則った機材選びが不可欠です。

また、選択する際は将来のアップグレードの余地も考慮に入れるべきです。

ストリーミングの技術やゲームの要求スペックは日進月歩であり、今日最適とされる構成が数年後も同様であるとは限りません。

そういった意味での拡張性も、PC選びの重要な設計思想の一つと言えるでしょう。

予算別おすすめゲーム実況PCガイド

予算別おすすめゲーム実況PCガイド

エントリーレベル コストを抑えた効率的な選択肢

ゲーム実況の世界への第一歩を踏み出す際、コストパフォーマンスに優れたエントリーレベルのPC選びは、ストリーミングの可能性を広げる上で欠かせない要素です。

手頃な価格でありながら、快適なゲームプレイとストリームの同時処理が可能なマシンを選択することで、費用の制約を感じることなくクリエイティブな配信活動を開始することができます。

エントリーレベルのPCでは、多コアプロセッサを採用することが望ましく、これによりゲームプレイとエンコード作業をスムーズに処理します。

グラフィックカードに関しては、最新のAAAタイトルを最高設定でプレイする必需品ではないものの、信頼性の高い中堅クラスのGPUを選ぶことによって、画質を犠牲にすることなく配信が可能です。

また、拡張性に富んだマザーボードを基盤としたシステムは将来的なアップグレードを考慮する上で非常に重要です。

RAMは最低8GBを搭載し、できれば16GBを目指すと生放送中の複数タスク処理がぐっと楽になります。

ストレージについては、OSと一部の主要なゲームをインストールするための高速なSSDと、動画ファイルを保存するための大容量HDDの組み合わせが理想的です。

予算を抑えつつも、これらのポイントを抑えて構成されたPCは、ゲーム実況者にとって最適な入門機と言えるでしょう。

その心地よさとエフィシェンシーは初心者の壁を低くし、あらゆるゲーマーにストリーミングの楽しさを存分に味わってもらうための鍵となるのです。

人気PCゲームタイトル一覧


ゲームタイトル 発売日 推奨スペック 公式
URL
Steam
URL
Street Fighter 6 / ストリートファイター6 2023/06/02 プロセッサー: Core i7 8700 / AMD Ryzen 5 3600
グラフィック: RTX2070 / Radeon RX 5700XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Apex Legends / エーペックスレジェンズ 2020/11/05 プロセッサー: Ryzen 5
グラフィック: AMD RadeonR9 290, GeForce GTX 970
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
ELDEN RING / エルデンリング 2022/02/25 プロセッサー: Core i7-8700K or Ryzen 5 3600X
グラフィック: GeForce GTX 1070 or AMD RADEON RX VEGA 56
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
ペルソナ3 リロード 2024/02/02 プロセッサー: Core i7-4790, AMD Ryzen 5 1400
グラフィック: GeForce GTX 1650, 4 GB, AMD Radeon R9 290X, 4 GB
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
TEKKEN 8 / 鉄拳8 2024/01/26 プロセッサー: Core i7-7700K/AMD Ryzen 5 2600
グラフィック: GeForce RTX 2070/AMD Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Palworld / パルワールド 2024/01/19 プロセッサー: Core i9-9900K
グラフィック: GeForce RTX 2070
メモリー: 32 GB RAM
公式 steam
Baldur's Gate 3 / バルダーズゲート3 2023/08/04 プロセッサー: i7 8700K / AMD r5 3600
グラフィック: 2060 Super / RX 5700 XT (8GB+ of VRAM)
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
ドラゴンズドグマ 2 2024/03/21 プロセッサー: Core i7-10700 or Ryzen 5 3600X
グラフィック GeForce RTX 2080 / AMD Radeon RX 6700
メモリー: 16 GB
公式 steam
ARMORED CORE VI FIRES OF RUBICON 2023/08/25 プロセッサー: Core i5-10400 or Ryzen 5 3600
グラフィック: GeForce GTX 1060 or Radeon RX 590 or Arc A750
メモリー: 12 GB RAM
公式 steam
ホグワーツ・レガシー 2023/02/11 プロセッサー: Core i7-8700 or AMD Ryzen 5 3600
グラフィック: GeForce 1080 Ti or AMD Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Cities: Skylines II 2023/10/25 プロセッサー:Core i5-12600K | Ryzen 7 5800X
グラフィック: GeForce RTX 3080 | RadeonRX 6800 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
サイバーパンク2077:仮初めの自由 2023/09/26 プロセッサー: Core i7-12700 or Ryzen 7 7800X3D
グラフィック: GeForce RTX 2060 SUPER or Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
DIABLO IV / ディアブロ IV 2023/10/18 プロセッサー:Core i5-4670K or AMD Ryzen 1300X
グラフィック: GeForce GTX 970、Arc A750、Radeon RX 470
公式 steam
オーバーウォッチ 2 2023/08/11 プロセッサー:Core i7 or AMD Ryzen 5
グラフィック: GeForce GTX 1060 or Radeon RX 6400
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Monster Hunter World: Iceborne 2020/01/10 プロセッサー:Core i3 or AMD Ryzen 5
グラフィック: GeForce GTX 1060 or AMD Radeon RX 570
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
MONSTER HUNTER RISE: Sunbreak 2022/01/13 プロセッサー:Core i5-4460 or AMD FX-8300
グラフィック: GeForce GTX 1060 or AMD RadeonRX 570
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
BIOHAZARD RE:4 2023/03/24 プロセッサー: Ryzen 5 3600 / Core i7 8700
グラフィック: AMD Radeon RX 5700 / GeForce GTX 1070
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Call of Duty Modern Warfare III 2022/10/28 プロセッサー:Core i7-6700K or AMD Ryzen 5 1600X
グラフィック: GeForce RTX 3060 or AMD RadeonRX 6600XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
デッドバイデイライト 2016/06/15 プロセッサー: Core i3 or AMD FX-8300
グラフィック: 4GB VRAM以上
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Grand Theft Auto V 2015/04/14 プロセッサー: Core i5 3470 / AMD X8 FX-8350 4GHz
グラフィック: GeForce GTX 660 2GB / AMD HD7870 2GB
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Forza Horizon 5 2021/11/09 プロセッサー: Core i5-8400 or AMD Ryzen 5 1500X
グラフィック: GTX 1070 OR AMD RX 590
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam

ミッドレンジ バランスとパフォーマンスの兼ね備えたPC

ゲーム実況において、適度な価格と高性能を両立させたミッドレンジPCは、多くのストリーマーにとって理想的な選択肢です。

そこで注目すべきは、優れた処理能力を持ちながらもコストパフォーマンスに優れたCPUとGPUの組み合わせが特徴的なPCモデルです。

ストリーミングの品質を左右するグラフィックスの設定を高めに設定できる余裕を持たせつつ、複数のアプリケーションを同時にスムーズに運用できる十分なメモリーも重要な要素です。

なかでも、NVIDIAのGeForce RTX4060やAMDのRadeon RX 7700 XTを搭載したデスクトップPCは、生き生きとした映像を生成し、視聴者を引き込む高画質のゲーム配信を実現します。

また、高速なSSDに加えて十分なストレージ容量を確保しておくことで、長時間の配信や高解像度の録画データをスムーズに扱うことができます。

サウンドも配信のクオリティを左右する要素であるため、ノイズキャンセリング機能付きのマイクや高品質なオーディオ出力を搭載しているPCを選ぶと、視聴者にクリアな音声を届けることができます。

加えて、信頼性の高い冷却システムを備えたPCを選ぶことは、長時間のゲーム実況の際にもパフォーマンスの安定を保つ上で欠かせません。

これらの要素を考慮に入れたミッドレンジPCを選ぶことは、ストリーミングで見栄えの良い映像と安定したパフォーマンスを提供するための鍵となります。

コストと品質のバランスが取れた構成を心がけることで、ゲーム実況者は自らのストリーミングを次のレベルへと押し上げることができるでしょう。

ハイエンド 究極のゲーム実況体験を可能にするPC

ハイエンドのゲーム実況PCは、優れたパフォーマンスと滑らかなストリーミングを約束するものであり、多くの配信者が求める究極の体験を生み出します。

これらのPCは、最新のマルチコアプロセッサ、高性能なグラフィックスカード、十分な量の高速RAM、そして迅速なデータ転送を可能にするSSDによって特徴づけられます。

特に、NVIDIAのRTXシリーズやAMDのRadeon RXシリーズの一端を担うグラフィックスカードが、鮮やかな映像や複雑なシェーダーを扱うゲームでも、視聴者に最適なクオリティを提供します。

また、ゲーム実況用のPCは、高負荷状態での発熱管理も重要であり、効率的な冷却システムが組み込まれていることが必須です。

これにより安定したパフォーマンスを保ちつつ、長時間のライブ配信にも対応可能です。

ユーザーは、カスタムの水冷オプションや高品質なエアフローケースにも注目すると良いでしょう。

配信ソフトウェアとの連携も見逃せません。

OBS StudioやXSplitといったソフトウェアは設定の柔軟性が高く、ハイエンドPCのリソースを最大限引き出し、多彩な機能を安定して実行することができます。

さらに高解像度カメラやプロフェッショナルなマイクロフォンと組み合わせる事で、視聴者が最高品質のコンテンツを堪能できる環境が整うわけです。

ハイエンドPCを選択する際は、将来的なアップグレードの余地を見込んだ構成であることも忘れてはなりません。

新しいゲームのリリースや配信技術の進化に対応できるよう、拡張性の高いPCを選ぶことで、長期にわたって最良のゲーム実況体験を守り続けることができます。

ストリーミング配信のための周辺機器の選び方

ストリーミング配信のための周辺機器の選び方

ゲーム実況者のための最高のマイクセットアップ

ゲーム実況者のための最高のマイクセットアップには、クリアで自然な音質を提供することが不可欠です。

ストリーミング配信で視聴者に高い満足を与えるためには、音声の明瞭さがキーポイントとなります。

多くのプロ実況者が重視するコンデンサーマイクは、繊細な音のニュアンスを拾う能力に優れており、滑らかでプロフェッショナルなオーディオ品質を実現します。

また、配信時の周囲の雑音を抑えることも大切です。

ここで心強い味方になるのが、ノイズキャンセリング機能を有するマイクです。

この機能により、キーボードのタイピング音や背景のさまざまなノイズを大幅に低減させられます。

マイク単体の性能もさることながら、アームスタンドやポップフィルターのようなアクセサリの選択も配信の品質を左右します。

アームスタンドを使うことで、マイクを自在に位置調整できるため、口元に最適な距離を保ちやすくなります。

ポップフィルターは、発話時に生じるポップノイズを減らし、より澄んだ音質でリスナーに声を届けるための必需品です。

さらに重要なポイントとして、マイクとオーディオインターフェース間の互換性に注意を払うことが求められます。

良質なオーディオインターフェースを使用することで、マイクの性能を最大限に引き出し、円滑なデジタル変換を実現し、清潔なサウンドプロファイルを保証できるのです。

最後に、配信者の声質や配信内容に合わせたマイク選びが肝心です。

例えば、落ち着いたトーンで話す実況者には温かみのある音色を再現するマイクが、逆にエネルギッシュに盛り上げる実況者にはクリアな高音が際立つマイクが適しています。

このように、質の高いストリーミング配信を目指すゲーム実況者にとって、適切なマイクセットアップは成功への鍵となるのです。

視聴者を魅了するカメラと照明の組み合わせ

ストリーミング配信で視聴者の目を釘付けにするためには、高品質なカメラと照明の選択がとても重要です。

画質の良いカメラは、鮮明な映像を生み出し、細部までクリアに視聴者に伝えることが可能です。

一方で、照明は配信者の顔立ちを明瞭にし、視?者との親近感を深める役割を担います。

特に、キーやフィルライトと呼ばれる主照明と補助照明をバランス良く使いこなすことが、プロフェッショナルな映像を作り出すコツです。

適切な照明は、カメラの性能を最大限に引き出し、暗い部屋でのノイズや陰影を最小限に抑えることが可能です。

ソフトボックスやリングライトのような専門的な照明設備は、配信時に顔色を自然に見せ、さらに目を引く配信を可能にします。

例えば、リングライトは瞳に自然なキャッチライトを生み出し、より生き生きとした表情を配信できるでしょう。

そして忘れてはならないのが、カメラと照明に合わせた色温度の設定です。

これにより、現実に近い色彩を再現することができ、生配信の画質を一段と高めることができます。

視聴者に最高の体験を提供するためには、カメラ設定や照明の調節を怠らず、常に最適な配信環境を追求することが成功の秘訣です。

スムーズな映像の流れと調和のとれた照明は、配信内容に相応しいプロフェッショナルな雰囲気を生み出し、視聴者を確実に魅了するでしょう。

信頼性高いキャプチャーカードの選定基準

ストリーミング配信を成功させるには、信頼性の高いキャプチャーカードの選定が非常に重要です。

最適なキャプチャーカードを選ぶためには、まず解像度やフレームレートの対応スペックを確認することが肝心です。

配信者が目指すクオリティに合わせ、フルHDや4K、60fps以上の滑らかな映像を捕捉できるモデルを優先しましょう。

次に、キャプチャーカードの接続インターフェイスが、使用するPCのポートと互換性があるかを検討します。

USBタイプは手軽に取り付けが可能ですが、PCI-Expressスロットに直接差し込むタイプの方が、データ転送速度に優れ安定したパフォーマンスを発揮します。

加えて、ゲーム実況においては、遅延が少ないことも重要な要素です。

リアルタイムでの反応が求められるため、低遅延をうたうキャプチャーカードを選ぶことで、視聴者に快適な視聴体験を提供することができます。

また、複数の入力端子を搭載しているモデルを選べば、さまざまなデバイスを同時に接続することが可能となり、柔軟な配信環境の構築に役立ちます。

最後に、ソフトウェアとの互換性も見落とせません。

配信ソフトウェアとキャプチャーカードがスムーズに連携することで、設定の手間が省け、配信の効率が格段に向上します。

信頼性の証とも言える耐久性やサポート体制についても、安心して長期間使用できる製品を選ぶことが望ましいでしょう。

これらの点を総合的に考慮し、自身の配信スタイルに合致するキャプチャーカードを選ぶことが、ストリーミング配信を支配するための選択と言えるでしょう。


ストリーミングPCのセットアップと最適化ガイド

ストリーミングPCのセットアップと最適化ガイド

初心者必見! 基本的なPCセットアップ手順

実況配信で初めてPCをセットアップする際には、スムーズな操作性と安定した配信品質が求められます。

最初に、必要なソフトとハードのチェックリストを作成することで、PC環境を整える基盤が築けます。

例えば、ストリーミングにはOBS Studioのような配信ソフトが必須であり、同時に高品質な肌触りの良い映像を配信するためにはグラフィックカードの性能も重要です。

PCのパワーアップを計画している場合には、RAMの量を増やすか、SSDへのアップグレードも視野に入れてみてはいかがでしょうか。

次に、インターネット接続環境を見直し、ストリームを障害なく配信できるだけの十分なアップロード速度が確保されていることを確認します。

配信中に発生する様々なトラブルを予防するためにも、有線接続を選び、WiFiの不安定さを避けることが推奨されます。

さらに、PCが処理しきれなくなることを防ぐため、不要なバックグラウンドアプリケーションの終了や、定期的なPCクリーンアップも忘れずに行いましょう。

最後に、定期的なシステムアップデートにより、ソフトウェアが最新の状態を保ち、セキュリティも強化されます。

これらの基本的なセットアップ手順を踏むことで、ゲーム実況配信はグッと快適に、また、トラブルのリスクを減らしながら楽しむことができるようになります。

ストリーミングPCを快適に扱い、視聴者へ最高の体験を提供するために、この基本が非常に大切です。

ストリーミング配信のための高度な設定テクニック

ストリーミング配信でプロ並みのクオリティを追求するには、事前の設定調整が不可欠です。

最適なビデオとオーディオの品質を実現するためには、配信ソフトウェアの高度な機能を活用することが重要になります。

例えば、OBS Studioの場合、エンコード速度を調整することで、ビデオの滑らかさとプロセッサの負荷バランスを見つけ出すことができます。

スロー設定では画質は向上しますが、CPUに高負荷がかかるため、適切なバランス点を見極めることがカギを握っています。

次に、ビットレート設定の最適化が挙げられます。

配信の安定性を確保しつつ、清潔感のあるビジュアルを確保するためには、インターネット回線の速度に合わせたビットレートの設定が求められます。

高すぎるビットレートはビューアー側の再生時にバッファリングを引き起こす可能性があるため、適切な範囲内で調整することが望ましいです。

また、マイクやオーディオインターフェイスの設定も見逃してはなりません。

クリアでありながら心地良いオーディオ配信を可能にするため、ノイズゲートや圧縮、イコライザーの微調整が欠かせません。

視聴者にとって快適な視聴体験を提供するため、微妙な音質調整はストリーミングの品質を大きく左右する要素となります。

これらの設定に細心の注意を払いつつ、配信者はコンテンツに集中し、視聴者とのコミュニケーションを優先することができるようになります。

結局のところ、技術的な最適化を進めることが、内容の充実と視聴者の満足度向上に直接リンクするのです。

高度な設定技術は、ストリーミング配信を支配するための武器となり得るので、細かい作業も厭わずに取り組むことが成功への道と言えるでしょう。

トラブルを未然に防ぐPC維持管理のヒント

ストリーミングPCを長期にわたって快適に使用するためには、適切な維持管理が欠かせません。

ライブ配信中に技術的な問題が発生し、視聴者を失ってしまうような事態は避けなければなりません。

まず、PC内部の清掃は定期的に行うことが重要です。

これによりパフォーマンスの低下を引き起こす過度のホコリや熱が蓄積するのを防ぎます。

また、強力なエアフローを確保するために、ケース内のファンの位置や向きに注意を払い、冷却効率を最適化することが必要です。

次に、ソフトウェアの面ではOSや配信ソフトウェアのアップデートを常に最新の状態に保ち、セキュリティのリスクや互換性の問題を未然に防ぐことが求められます。

さらに、ストリーミングに利用するPCでは、バックグラウンドで不要なプログラムが動作しないように管理することで、必要なリソースを確保し、スムーズな放送を実現できます。

また、ハードドライブの定期的なデフラグメントを行い、データアクセスの効率を保ち、システムの応答性を向上させることも配信の品質を保つためには大切です。

これらの取り組みを怠らずに実施することで、ストリーミングPCは常に最高の状態を維持し、配信者のパフォーマンスを最大限支える強力な相棒となるでしょう。

プロが教える! ライブ配信PCのトラブルシューティング

プロが教える! ライブ配信PCのトラブルシューティング

配信中によくあるPCトラブルとその対処法

ライブ配信中に発生しがちなPCトラブルには様々なものがありますが、まず一般的なのが、急なフリーズやクラッシュです。

これらはPCのオーバーヒートやリソース不足が原因となっていることが多く、適切な対策としては、配信前に常にシステムの温度管理やタスクマネージャーを通じたリソース分配の最適化が推奨されます。

また、ソフトウェアの不具合やバグが原因でトラブルが起こることもあるため、配信ソフトウェアの定期的なアップデートや、安定したバージョンの選択が重要です。

さらに、インターネット接続の問題も配信中トラブルの原因として頻出します。

回線の安定性を確保するためには、配信時には他のデバイスのインターネット利用を控えたり、有線接続への切り替えを検討すると良いでしょう。

このように進行中のトラブルへの迅速な対応はご自身のストリーミング経験をよりスムーズなものにすると同時に、視聴者の満足度を保つためにも不可欠です。

それゆえに、事前の機器チェックや対策の準備は、ライブ配信の成功の鍵を握っていると言えるでしょう。

配信を支配するには、こうしたPCトラブルへの洞察と対応が求められますから、それぞれの解決策を熟知し、あらゆる想定外の事態にも柔軟に対応できるよう努めていくことが大切です。

パフォーマンス低下の原因と効果的な解決策

ライブ配信PCのパフォーマンスが思うように出ないとき、まず考えられるのはシステムリソースの逼迫です。

ストリーミングはCPUとGPUに大きな負荷をかけるため、多くの場合、これらのコンポーネントがボトルネックとなります。

特に高解像度や高フレームレートを求める配信では、これらのパーツの性能が直結して配信の質に影響を与えます。

ですが、これは単にハードウェアのスペックの問題だけではありません。

バックグラウンドで不要なアプリケーションが動作していれば、それがCPUやメモリのリソースを無駄に消費し、必要な処理に割り当てることができるリソースが減少してしまいます。

効果的な解決策の一つは、タスクマネージャーを使用してリソースを大量に消費しているプロセスを特定し、不要なものは終了させることです。

また、PCの起動時に不要なアプリケーションが自動で起動しないように設定を見直すことも重要です。

さらに、配信ソフトウェアの設定を適切に最適化することもパフォーマンス向上に貢献します。

例えば、ビットレートの調整やエンコードの設定変更は、配信の負荷を軽減する上で効果的です。

ブロードバンド速度も忘れてはならない要素です。

インターネットの速度が遅いと、視聴者にとってのストリームの品質が落ち、バッファリングが頻発する原因になります。

これを回避するためには、有線接続への切り替えや高速なインターネットプランへのアップグレードを検討することが賢明です。

最終的には、PCのハードウェア自体をアップグレードすることが最も直接的な解決策となります。

その際、現行の配信ニーズに合わせて慎重にスペックを選定し、予算と将来の拡張性を考慮した上で最善の選択をすることが重要です。

このように、適切なトラブルシューティングと改善策を取ることで、ライブ配信PCのパフォーマンス低下の問題を解消し、スムーズなストリーミング体験を実現することができます。

長時間配信への耐性を高めるPCの冷却対策

ライブ配信においてPCの冷却は安定したパフォーマンス維持のために不可欠です。

長時間のストリーミングが要求される中で、適切な冷却対策がなければPCは過熱し、最悪の場合はシステムがクラッシュする可能性があります。

そうならないためにも、高品質の冷却ファンや液体冷却システムを備えたケースを選ぶことが重要です。

これにより、内部の熱を効率的に外へ逃がすことができます。

さらに、エアフローの効果的な設計を持つPCケースを採用することが望ましいです。

空気の流れがスムーズであればあるほど、内部の温度は均一に保たれ、個々のコンポーネントへの熱負荷が減少します。

また、高熱を発するGPUやCPUには、専用の高性能クーラーを装着することで、これらの部品の熱を直接外に逃すことができます。

積極的な冷却対策は長期にわたるゲーム実況PCの健全な運用に役立ちます。

しかし、冷却だけでなく、PC内の清掃も重要です。

ホコリは冷却性能を低下させ、PC全体の寿命を縮める可能性があるため、定期的に内部をクリーニングすることで、最高の冷却効果を持続できます。

これには、圧縮空気を用いてデリケートな部品を傷つけずにホコリを除去する方法が有効です。

総じて、効果的な冷却対策によってストリーマーは安心して長時間のライブ配信を楽しむことができます。

これは視聴者にとっても快適な視聴体験を提供するためには欠かせない要素といえるでしょう。

優れた冷却システムを兼ね備えたPCを選び、継続的なメンテナンスに努めることが、ライブ配信PCとして長く信頼性を保ち続ける秘訣です。

あわせて読みたい

おすすめの仕事用パソコン タイプ別完全ガイド

BTOのススメ

ゲーム好きのためのトップパフォーマンス! おすすめBTOゲーミングPC

ゲーミングPCエックス

RTX4080 SUPERで変わるゲーム体験 おすすめゲーミングPCカタログ

BTOパソコンSSR

フルカスタムで最高性能! BTOパソコン注文前のチェックリスト

BTOパソコン リサーチ

動画編集のプロが語る! おすすめBTOパソコンで快適作業

ゲーミングBTOパソコン総研

究極のデスクトップゲーミングPCを求めて おすすめ機種の選定ポイント

BTOパソコンSSR

ゲームに最適なおすすめPC選び ゲーム用パソコンの初心者から上級者まで

BTOのススメ

グラフィックス重視! おすすめBTOゲーミングPCの究極選択

ゲーミングPCエックス

ゲームPCのスペック革命! あなたの選び方をアップデート

BTOパソコン リサーチ

クリエイターPC最強ガイド おすすめの選び方

BTOパソコンSSR

BTOで理想のセットアップ! おすすめカスタムパソコンガイド

ゲーミングBTOパソコン総研

最速! おすすめBTOゲーミングPCでゲーム環境を格上げ

BTOのススメ

学生からプロまで! 全分野カバーのおすすめCore i7 PC

BTOパソコン リサーチ

投資する価値あり! DTM専門家が推奨する音楽制作PCおすすめ一覧

ゲーミングPCエックス

RTX4070Ti SUPERで実現する おすすめ最新ゲーミングPC体験

BTOのススメ

3DアニメーターのためのPC選び 効率を最大化するスペックガイド

BTOパソコン リサーチ

最適解発見! パソコンカスタマイズ&注文プランニング完全版

BTOパソコンSSR

AIイラストビジネスを加速する! 効率的なおすすめPC選び方指南

ゲーミングPCエックス

大学生向けパソコントレンド2024 最新技術を備えた学生向けモデルレビュー

BTOパソコンSSR

映像制作プロフェッショナル推薦! ハイエンドパソコンの選び方

BTOのススメ

手に入れたい! 動画編集に最適なおすすめPCトップセレクション

BTOパソコン リサーチ

おすすめデスクトップゲーミングPC コアゲーマーの選び方

ゲーミングBTOパソコン総研

おすすめBTOゲーミングPC 4K、VR…最高の体験へ

BTOのススメ

ゲーム実況向け! コアゲーマーのためのおすすめPCリビュー

ゲーミングPCエックス

ハイエンドPCの真髄! おすすめの高解像度対応モデル紹介

BTOパソコンSSR

究極のVR体験 ゲーミングPC性能フル活用ガイド

BTOパソコン リサーチ

デザインからプログラミングまで! 大学生向けおすすめパソコン

ゲーミングBTOパソコン総研

出力品質を左右する! 3DCGデザイナーのPCスペックガイド

BTOパソコンSSR

信じられる性能! AIプログラッミング向けおすすめ「AI PC」紹介

BTOのススメ

レスポンス重視! ゲーム実況にピッタリなおすすめPC選定法

ゲーミングPCエックス

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次