動画編集PCの最前線 2024年版トレンドとおすすめ商品

目次

2024年の動画編集PCの新機能とトレンド

2024年の動画編集PCの新機能とトレンド

GPU進化と動画編集のパフォーマンス

2024年、動画編集の世界ではGPUの進化がクリエイティブな作業を根底から変えつつあります。

グラフィック処理ユニット(GPU)は、高速な計算能力と効率性を兼ね備え、特に時間を要するレンダリングやリアルタイムプレビューを大きく加速させています。

新世代GPUは、AIによる画像解析の精度を高めることで、ビデオのノイズ除去やカラーグレーディングなどの作業を大幅に効率化しており、クリエイターたちに新たな表現の自由度をもたらしています。

さらに、動画エンコードを最適化し、出力するファイルサイズを抑えながらも品質を保持することで、ストリーミング時代のニーズに迅速に対応しています。

このGPUの進化が具体的にどう影響を与えるかを見てみましょう。

編集中のプレビューが滑らかで、実際の時間通りの速さで再生されるため、クリエイターたちが直感的に編集作業に没頭できるようになっています。

加えて、複数の4Kや8K素材を同時に扱うことも苦でなくなり、細部へのこだわりを追求できる作業環境が整いました。

こうした技術の進歩は、ユーザーに最高に没入感のある映像体験を提供する上で欠かせません。

市場には、NVIDIAやAMDといった大手メーカーから、革新的な動画編集専用GPUが続々と登場しており、それぞれが独自の強みを競い合っています。

NVIDIAのGeForce RTX 40シリーズはレイトレーシングとAIによる画像処理が特徴で、AMDのRadeon RX 7000シリーズは高い計算能力と消費電力のバランスに優れています。

これらは動画編集に特化した特別な機能を搭載し、クリエイティブなワークフローを加速しています。

適切に選択すれば、作品の質と生産性が、計り知れないほど向上することでしょう。

動画編集PCにおいて、2024年の最新トレンドを追い求めるクリエイターたちにとって、GPUの選定は極めて重要なポイントとなっています。

最新グラフィックボード(VGA)性能一覧


GPU型番 VRAM 3DMarkスコア
TimeSpy
3DMarkスコア
FireStrike
TGP 公式
URL
価格com
URL
GeForce RTX 4090 24GB 35988 73281 450W 公式 価格
Radeon RX 7900 XTX 24GB 29927 72584 355W 公式 価格
GeForce RTX 4080 Super 16GB 28979 67553 320W 公式 価格
Radeon RX 7900 XT 20GB 26030 66741 300W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Ti Super 16GB 23604 55011 285W 公式 価格
Radeon RX 7800 XT 16GB 19821 49904 263W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Super 12GB 19135 50545 220W 公式 価格
GeForce RTX 4070 12GB 17874 45359 200W 公式 価格
Radeon RX 7700 XT 12GB 16900 41963 245W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 8GB 8GB 13389 34215 160W 公式 価格
Arc A770 16GB 16GB 13388 34660 225W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 16GB 16GB 13273 34034 165W 公式 価格
Arc A750 8GB 12398 30034 225W 公式 価格
Radeon RX 7600 8GB 10768 31379 165W 公式 価格
GeForce RTX 4060 8GB 10598 28257 115W 公式 価格
Arc A580 8GB 10589 27188 185W 公式 価格
GeForce RTX 3060 8GB 8GB 7297 19397 170W 公式 価格
GeForce RTX 3050 8GB 6239 15859 130W 公式 価格

AIの統合が生む編集作業の自動化

2024年の動画編集PCには、AIの統合が一大トレンドとなっています。

特に編集作業の自動化は、クリエイティブ業界に革命をもたらしている部分です。

AI技術が進化することで、これまで時間がかかっていた編集作業が劇的にスピードアップ。

例えば、映像内のオブジェクトを自動認識し、色調や露出を瞬時に最適化する機能が搭載されています。

さらに、シーンのトランジションを気にせず、編集者の意図を学習することでシームレスな映像編集を実現するAIも開発されています。

加えて、AIによる音声認識機能は、台詞や音楽のタイミング合わせを自動で調整し、プロダクションの質を一層向上させています。

ユーザーは編集の細かい指示を出す代わりに、総合的なクリエイティブの方向性に注力できるようになり、創作活動がより豊かなものになりつつあります。

さらに、AIは動画の内容解析を通じて、ターゲットオーディエンスに合わせた推奨編集スタイルを提案することも可能です。

これにより、動画制作のプロセスが効率化されるだけではなく、視聴者に対するエンゲージメントが最大化される効果も期待されています。

動画編集PCの最前線に立つこの革新的なAIの統合は、今後も多くのクリエイターにとって必須の機能となることでしょう。

ストレージ革命:高速SSDとクラウドストレージの融合

2024年の動画編集PC分野における最も刺激的な進化の一つが、ストレージ技術の大幅な革新です。

これまでのPCでは、大容量でありながら読み書きの速度も追求されたSSD(ソリッドステートドライブ)が重要な役割を担ってきました。

しかし現在、この高速SSDはクラウドストレージという新たな領域と融合し、動画編集の作業効率を格段に向上させています。

具体的には、ローカルのSSDとクラウドストレージがシームレスに連携することで、エディターはどこにいても迅速にファイルにアクセスできるようになっています。

動画ファイルの保存やバックアップは、ローカルのSSDの限界を超えてクラウドに自動的に同期されるため、編集作業の中断がほぼなくなるのです。

さらに、クラウド技術の進歩により、ストレージへのアクセス速度は地理的な位置に左右されにくくなりました。

これにより、大量の映像データを扱う際のストレスが大幅に軽減されることは間違いありません。

この技術革新は、動画編集の専門家たちが大規模なプロジェクトをより柔軟かつ効率的に運営できるように支援します。

エレメントの共有やチーム内での編集作業が以前にも増してスムーズに行われ、創造性を最大限に引き出す環境を提供するのです。

2024年のトレンドとして注目されるこのストレージ革命は、動画編集PCの選定を考える上で必須のチェックポイントと言えるでしょう。

SSD規格一覧


ストレージ規格 最大速度MBs 接続方法 URL_価格
SSD nVMe Gen5 16000 m.2 SSDスロット 価格
SSD nVMe Gen4 8000 m.2 SSDスロット 価格
SSD nVMe Gen3 4000 m.2 SSDスロット 価格
SSD SATA3 600 SATAケーブル 価格
HDD SATA3 200 SATAケーブル 価格

動画編集に最適なPCの選び方

動画編集に最適なPCの選び方

プロセッサとコア数の重要性

動画編集においてPCの選び方は作品のクオリティと作業効率に直接影響を及ぼします。

特にプロセッサとそのコア数は、複雑な映像処理をスムーズに行うための心臓部とも言える重要な要素です。

多くの動画編集ソフトウェアは複数コアを活用して処理を分散するため、コア数が多いほど同時に多くのタスクを速くこなすことが可能になります。

映像のレンダリングやエンコーディングなどの時間を要する作業も、高性能なプロセッサを搭載することで格段に早く終わらせることができるのです。

市場には様々なスペックのプロセッサがありますが、動画編集のためのPCを選ぶ際には、最新かつ高性能のマルチコアプロセッサを選択すべきです。

例えば、IntelのCore i7やi9シリーズ、またはAMDのRyzen 7やRyzen 9シリーズなどがその典型であり、これらは動画編集作業を軽快にこなすための充分なパワーを供給してくれます。

また、プロセッサの選択においてはクロック速度も重要な要素です。

クロック速度が高ければ高いほど、1秒間により多くの計算処理を行うことが可能となり、エフェクトの適用やトランジションのプレビューもよりリアルタイムに近い形で体験することができます。

動画編集PCは高い投資を要しますが、適切なプロセッサを選ぶことで長期にわたり抜群のパフォーマンスを享受できるため、初期の選択が非常に大きな意味を持ちます。

トレンドを見据えながら最適なプロセッサを選び、クリエイティブな映像作品の制作に没頭しましょう。

最新CPU性能一覧


型番 コア数 スレッド数 定格クロック 最大クロック Cineスコア
Multi
Cineスコア
Single
公式
URL
価格com
URL
Core i9-14900KS 24 32 3.20GHz 6.20GHz 40988 2390 公式 価格
Core i9-14900K 24 32 3.20GHz 6.00GHz 40937 2332 公式 価格
Core i9-14900KF 24 32 3.20GHz 6.00GHz 40937 2332 公式 価格
Ryzen 9 7950X 16 32 4.50GHz 5.70GHz 38417 2055 公式 価格
Ryzen 9 7950X3D 16 32 4.20GHz 5.70GHz 38341 2026 公式 価格
Core i7-14700K 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35351 2210 公式 価格
Core i7-14700KF 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35351 2210 公式 価格
Core i9-14900 24 32 2.00GHz 5.80GHz 33610 2184 公式 価格
Core i9-14900F 24 32 2.00GHz 5.80GHz 33610 2184 公式 価格
Core i7-14700 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32389 2079 公式 価格
Core i7-14700F 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32389 2079 公式 価格
Ryzen 9 7900X 12 24 4.70GHz 5.60GHz 29124 2017 公式 価格
Ryzen 9 7900 12 24 3.70GHz 5.40GHz 28725 1948 公式 価格
Ryzen 9 7900X3D 12 24 4.40GHz 5.60GHz 26916 2022 公式 価格
Core i5-14600K 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24529 2080 公式 価格
Core i5-14600KF 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24529 2080 公式 価格
Core i5-14500 14 20 2.60GHz 5.00GHz 21977 1928 公式 価格
Ryzen 7 7700X 8 16 4.50GHz 5.40GHz 20272 1994 公式 価格
Ryzen 7 7700 8 16 3.80GHz 5.30GHz 19418 1916 公式 価格
Ryzen 7 7800X3D 8 16 4.50GHz 5.40GHz 17651 1796 公式 価格
Core i5-14400 10 16 2.50GHz 4.70GHz 15974 1758 公式 価格
Core i5-14400F 10 16 2.50GHz 4.70GHz 15974 1758 公式 価格
Ryzen 5 7600X 6 12 4.70GHz 5.30GHz 15220 1960 公式 価格
Core i3-14100 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9034 1728 公式 価格
Core i3-14100F 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9034 1728 公式 価格
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ゲーミングPC ZEFTシリーズ
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ホームページ

メモリとストレージのバランスの取り方

動画編集作業に適したPCを選ぶ際には、メモリとストレージのバランスが非常に重要です。

メモリは作業中のデータを一時的に保存する役割を担い、多ければ多いほど多くのタスクを同時にこなすことができ、動画編集のようなリソースを要求する作業でもスムーズに進行します。

現在の動画編集では、最低でも16GBのメモリが推奨されますが、4K解像度以上の高精細な動画を扱う場合や複数の動画ファイルを同時に処理するような場合には、32GBまたはそれ以上が望まれます。

一方でストレージについては、速度と容量が大きなポイントとなります。

SSDはHDDに比べて読み書きが速く、動画ファイルのロードや書き出し時間が大幅に短縮されるため、作業の効率化に寄与します。

そのため、OSや編集ソフト、よく使用するファイルをSSDに保存し、コストがかさむ大容量SSDに押し込む代わりに、アーカイブ用の大容量HDDを別途設置するという選択も理にかなっています。

総じて、メモリはできるだけ多く、ストレージは速さと容量をバランスよく配分することで、ストレスフリーな動画編集環境を構築できます。

必要な作業に合わせて適切なスペックを選択するには、具体的な利用シナリオを想定しつつ、最新の製品情報やユーザーレビューを参考にすることをお忘れなく。

これにより、ご自身にとって最適な動画編集PCを見つけ出すことができるでしょう。

クリエイター向けPC おすすめモデル5選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AQCR

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AQCR

ハイエンドゲーミングPCとしての実力を誇る、力強いパフォーマンスのマシン
洗練されたパフォーマンスバランス、32GBのDDR5メモリが生む圧倒的な快速性
Corsairの5000X RGB、光る美しさが集うスタイリッシュケース
数々のタスクを軽々とこなす、Core i7 14700Fの躍動

【ZEFT Z47AQCR スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCorsair iCUE 5000X RGB
マザーボードintel H770 チップセット ASUS製 TUF Gaming H770-PRO WIFI
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AQCR

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AL

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AL

エンターテインメントに最適、実力派ゲーミングPC。ミドルクラスを超えるパフォーマンスで驚愕体験を
32GB DDR5メモリ搭載、抜群のバランスで高速処理と頭脳プレイを実現するマシン
スタイリッシュなキューブケースに白をまとう。小さな筐体から大きな可能性を引き出す
Core i7 14700Fで、応答速度と処理能力が見事に融合。中核をなすパワフルCPU

【ZEFT Z47AL スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースASUS Prime AP201 Tempered Glass ホワイト
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 ROG Strix B760-I GAMING WIFI
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AL

パソコンショップSEVEN ZEFT Z49A

パソコンショップSEVEN ZEFT Z49A
【ZEFT Z49A スペック】
CPUIntel Core i5 14400F 10コア/16スレッド 4.70GHz(ブースト)/2.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースASUS Prime AP201 Tempered Glass ホワイト
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z49A

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AKN

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AKN
【ZEFT Z47AKN スペック】
CPUIntel Core i9 14900KF 24コア/32スレッド 6.00GHz(ブースト)/3.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースFractal North ホワイト
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 360L CORE ホワイト
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AKN

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47L

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47L

創造力を解き放つ、ハイスタンダードなゲーミングPC
高速メモリと最新SSDによる、パワフルかつ滑らかなパフォーマンス
コンパクトながらも透明感あるデザインのマイクロタワーモデル
快速処理をコミットするCore i5の頼りがいのあるパフォーマンス

【ZEFT Z47L スペック】
CPUIntel Core i5 14400F 10コア/16スレッド 4.70GHz(ブースト)/2.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースThermaltake S100 TG
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47L

グラフィックカードの解像度とVRAMの意味

動画編集を行う上で、PC選びではグラフィックカードの性能が重要な要素となります。

グラフィックカードの解像度は、画像の細かさや清潔さを示し、高い解像度を持つことにより、動画編集時におけるビジュアルの鮮明さが向上します。

解像度が高ければ高いほど、細部まで精密にレンダリングが可能となり、特に高解像度の動画編集には欠かせません。

さらに、VRAM、つまりビデオRAMの容量も動画編集のパフォーマンスに影響を与えます。

VRAMはグラフィックカード上のメモリで、動画や画像のデータを一時的に保持する役割を担います。

VRAMが多ければ、より多くのデータを同時に処理できるため、複雑なエフェクトや3Dアニメーションを多用する動画作業をスムーズに行うことができます。

これにより、動画編集のワークフローは格段に向上し、細かい編集作業の際にも余裕を持って作業を進めることが可能となります。

このように、グラフィックカードの解像度とVRAMの容量が動画編集において重要な役割を果たすため、PC選びではこれらのスペックをきちんと把握し、編集する動画の内容に適したものを選ぶことが成功への鍵となります。

高品質な動画制作を目指す方々には、これらのポイントを念頭に置いたPC選びが推奨されます。

コストパフォーマンスを重視した動画編集PCの選定

コストパフォーマンスを重視した動画編集PCの選定

予算に応じた動画編集用PCのスペック

動画編集用PCのスペック選びは、緻密な計画と予算のバランスが求められます。

最新の動画編集では、高解像度の素材を扱うため、それ相応の処理能力が必要とされますが、予算に合わせた最適な構成を見極めることが肝心です。

初心者からプロフェッショナルまで、まず重要なのがプロセッサーです。

コストを抑えたい場合でも、少なくとも四核以上のCPUは必須で、4K編集をスムーズに行うなら八核が望ましいです。

次にメモリは、基本的な編集であれば16GBがスタート地点ですが、複数のソフトウェアを併用するなら32GBを推奨します。

ストレージスペースに関しては、SSDの起動ドライブと大容量のHDDを組み合わせることが、コストと性能のバランスを取る上で賢明です。

これにより、快適な作業環境と大量のデータ保存が可能になります。

グラフィックスカードは、特にエフェクト処理や3Dモデリングを頻繁に行う場合に重要です。

ここでは、積極的に投資をしておくことで、後々の時間節約につながります。

ただし、編集作業が軽めであれば、ミドルレンジのカードでも十分な場合が多いです。

最終的には、動画編集の用途と予算の均衡を見据え、将来のアップデートやアップグレードの可能性を考慮に入れつつ、賢明な選択を心がけることが大切です。

とりわけ長期に渡り快適に使用するためには、自分の編集スタイルに合わせたPC選びをすることが成功の鍵を握っています。

カスタマイズ可能なPCおすすめブランド

動画編集の世界では、ハードウェアのカスタマイズが可能なPCを選ぶことにより、それぞれのニーズに合った最高のパフォーマンスが手に入ります。

オーダーメイドが可能なPCブランドでは、ユーザーは自身の予算と要求する仕様を見極め、プロセッサーやメモリ、ストレージといった重要なコンポーネントを自分好みに選択できるようになっています。

特に注目すべきは、高性能なCPUとGPUを搭載し、かつ静音性と冷却効率に優れたモデルを提案するブランドです。

高負荷の動画編集作業では、熱管理が重要な要素となるため、効率的な冷却システムを持つPCは作業の安定性をもたらし、編集作業におけるストレスを減らしてくれます。

さらに、将来性を考慮したアップグレードの容易さも大きな魅力の一つです。

将来的に技術が進展した場合にも、交換可能なパーツによって最新の性能を保ち続けることができるため、長い目で見ると経済的な投資となります。

動画編集を生業とするプロフェッショナルから趣味で楽しむクリエイターまで、それぞれの要求に応えるカスタマイズPC。

これらのブランドは、ユーザーの創造性を最大限に引き出すための強力なサポートとなるでしょう。

高いコストパフォーマンスを実現しつつ、長期間にわたって信頼性の高い動画編集環境を提供するこれらのPCは、2024年の動画編集PC選定において間違いなく優れた選択肢となります。


2024年モデル、おすすめの高性能動画編集PC

2024年モデル、おすすめの高性能動画編集PC

市場で評価されるハイエンドPCランキング

昨今の動画編集PCは技術の進歩が息を呑む速度で行われていますが、話題を掻っ攫っているのは部品一つひとつの選定から精密に組み上げられた2024年モデルです。

この年のトレンドを牽引するのは、なんといっても、プロセッサとグラフィックスカードの融合による革新的なパフォーマンスです。

業界のハイエンドPCランキングでは、その象徴とも言えるパソコンショップSEVENのZEFTシリーズが高い支持を集めています。

高度な画像処理が求められる映像制作においても、この機種は複数の4K映像を同時に滑らかに扱い、編集者の創造力を最大限に引き出すことを可能にしています。

カラーグレーディングやエフェクトのリアルタイムプレビューを支える強力なGPUを搭載しており、快適性とスピードが評価の中心となっています。

その一方でエネルギー効率にも着目したLinkProのVisionX Workstationは、長時間の作業でもシステムの熱を効果的に管理し、安定感は他の追従を許さないレベルです。

さらにこのモデルはカスタマイズ性に優れ、将来的なアップグレードも見据えた設計となっているため、長期にわたる投資としても圧倒的なコスパを実現しています。

これらのPCは、動画編集を生業とするプロフェッショナルや、上質なコンテンツ創出を目指すクリエイターから圧倒的な支持を集めているのも事実です。

トップクラスのパフォーマンスだけでなく、信頼性や拡張性、そしてさりげないデザインセンスもハイエンドPCの選定基準として忘れてはなりません。

2024年モデルは、この全てを兼ね備えた強力な動画編集PCとして、市場で評価されるにふさわしい逸品揃いと言えるでしょう。

クリエイター向けPC おすすめモデル5選

パソコンショップSEVEN ZEFT R52F

パソコンショップSEVEN ZEFT R52F

快速ゲーミング体験を叶えるモデレートミドルセグメントのPC
絶妙なパフォーマンスバランス、注目は32GBのDDR5メモリと高速2TB NVMe SSD
美しさを際立たせるCorsair 5000X RGBケース、光り輝くデザインモデル
最先端のRyzen 9 7900X、パワフルなメインストリームCPU

【ZEFT R52F スペック】
CPUAMD Ryzen9 7900X 12コア/24スレッド 5.60GHz(ブースト)/4.70GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:7300Gbps/6600Gbps WD製)
SSD 4TB (m.2 nVMe READ/WRITE:200Gbps/200Gbps NB製)
ケースCorsair iCUE 5000X RGB
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R52F

パソコンショップSEVEN ZEFT Z48BC

パソコンショップSEVEN ZEFT Z48BC

重厚な作業も軽々とこなすエフォートレスミドルグレードのゲーミングPC
バランスの良いパフォーマンスで、快適な使い心地を実現
スタイリッシュなホワイトケースに映えるサイドのクリアパネル
最新Core i7の力で、スムーズなマルチタスクを可能に

【ZEFT Z48BC スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 Super (VRAM:12GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z48BC

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BLW

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BLW

ゲームもクリエイティブ作業も余裕でこなす、プロ級ゲーミングPC
RTX 4070とi9-14900KFの融合が生む、スムーズでパワフルなパフォーマンス
目を引くPop XL Air RGBケース、美しさと冷却性能を両立したデザインモデル
Core i9-14900KF搭載、マルチタスク性能が光る高速処理マシン

【ZEFT Z45BLW スペック】
CPUIntel Core i9 14900KF 24コア/32スレッド 6.00GHz(ブースト)/3.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:7300Gbps/6300Gbps WD製)
ケースFractal Design Pop XL Air RGB TG
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 360L CORE ARGB
マザーボードintel Z790 チップセット ASRock製 Z790 Pro RS WiFi
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BLW

パソコンショップSEVEN ZEFT R56DS

パソコンショップSEVEN ZEFT R56DS

ハイパフォーマンスを追求するクリエイターからハードゲーマーまで、このゲーミングPCがあれば満足間違いなし
スムーズかつ迅速なプレイに対応する32GB DDR5メモリ、ここに注目
クリアパネルでスタイルを際立てる、Corsair 4000D Airflow TGの秀逸デザインを誇るマシン
Ryzen 7 7700搭載、パワフルかつスマートな処理能力を誇るPC

【ZEFT R56DS スペック】
CPUAMD Ryzen7 7700 8コア/16スレッド 5.30GHz(ブースト)/3.80GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4080 Super (VRAM:16GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
SSD SSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースCorsair 4000D Airflow TG Black
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R56DS

パソコンショップSEVEN ZEFT R53JB

パソコンショップSEVEN ZEFT R53JB

ゲーム好きにぴったりのパフォーマンス、ハイバリュースタンダードのゲーミングPC
イデアルマッチでアドバンストスタンダードを実現。頼れる性能を16GBメモリと共に
洗練されたFractalデザイン、小さな筐体でも大きな可能性を秘めたモデル
力強い処理能力、最新のRyzen7で高速タスクを軽々とこなす

【ZEFT R53JB スペック】
CPUAMD Ryzen7 7800X3D 8コア/16スレッド 5.00GHz(ブースト)/4.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースFractal North ホワイト
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R53JB

専門家が推薦するPCのスペックと機能

動画編集PCを選ぶ際、最も重要なのはその心臓部とも言えるプロセッサの性能です。

2024年モデルでは、さらに多くのコアとスレッドを備えたCPUが主流となり、これにより4K、8Kといった高解像度の動画編集作業も滑らかにこなせます。

また、高速なメモリとしてDDR5が標準化され、事実上の必需品となったNVMe SSDによって、編集時のプレビューやレンダリングが飛躍的に向上しました。

グラフィックス面では、専用の動画編集カードという新たなトレンドが確立されており、これによりリアルタイムでのエフェクト適用やカラーグレーディングが実現し、創造性を大きく拡張しています。

さとは内容に富んだディスプレイ技術も進化を遂げ、広色域かつ正確な色再現で、編集者の校正作業が格段に楽になっています。

さらには、編集作業を効率化するための拡張性も考慮され、拡張カードの追加や外部ストレージ接続の拡張ポートが豊富に装備されています。

このような構成を持つPCには、充実したケース冷却システムも完備され、長時間にわたる負荷の高い動画編集作業も安定して行えるようになりました。

技術の進歩は日進月歩ですが、2024年の動画編集PCは想像力にマッチする速度とパワーで、映像クリエイターたちの想いを形にするための頼もしいパートナーとなるでしょう。

高性能ながらも編集作業に必要な機能が緻密に組み込まれており、創作活動をより高い次元に引き上げています。

BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN スペック検索
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN クリエイター向けPC EFFAシリーズ

仕事用として最適な動画編集PCのセットアップ

仕事用として最適な動画編集PCのセットアップ

エディターが推奨する周辺機器とセットアップ

動画編集を仕事としているプロフェッショナル達が日々の作業で必要とする周辺機器には、品質とパフォーマンスが求められます。

特に高解像度のビジュアルコンテンツ制作には、高度なグラフィックスカードが不可欠です。

NVIDIAやAMDからリリースされている最新のグラフィックスカードは、4Kや8Kの映像編集を快適に行うための強力な支援をしてくれます。

それに加えて、カラーキャリブレーションが可能なプロフェッショナルモニターをセットアップすることで、細部にわたるカラーグレーディング作業が精密に行えるようになります。

さらに、光速SSDを経由することで、素材の読み込みや書き込み速度が大幅に改善され、時間が制約される局面においても作業の効率化が図れます。

メモリもまた重要な構成要素であり、現代の動画編集作業では32GB以上のRAMが推奨されます。

多層にわたるエフェクトや複数のソフトウェアを同時に運用する場合にこそ、その真価が発揮されます。

最後に、音響面を見過ごしてはなりません。

クリアで正確なサウンドレンダリングを可能にする高品質のスピーカーシステムやヘッドフォンは、細やかな音響編集において重宝されます。

これらの周辺機器を選定し、シームレスな編集ワークフローを構築することが、プロフェッショナルな動画編集PCの組み立てにおいて欠かせない要点として挙げられます。

適切なセットアップは、クオリティーの高い動画制作への道を確かなものにします。

効率的なワークフローのためのOSとソフトウェア

プロフェッショナルな動画編集PCを構築するには、選択するOSとソフトウェアが中心となります。

高速さと信頼性が求められる作業環境では、動画編集に特化したOSの最適化が重要で、一般にはWindowsまたはmacOSが好まれます。

Windowsの場合、強力なカスタマイズ性が魅力で、幅広いソフトウェアとの互換性も高いです。

一方、macOSは、Final Cut Proのような専門的な編集ソフトウェアが組み込まれ、直感操作と洗練されたユーザーインターフェイスで知られています。

注目すべきソフトウェアとしては、Adobe Premiere Proが挙げられます。

これは業界標準ともされており、多彩な機能と拡張性、そして他のAdobe製品との連携により驚きのスピードと正確さを提供します。

さらに、DaVinci Resolveはカラーグレーディングの優れたコントロール性で評価が高く、コストパフォーマンスに優れていることから、プロフェッショナルから独立映画制作者まで広く支持されています。

このようなソフトウェアを最大限に活用するためには、強力なプロセッサ、十分なメモリ、高速なストレージ、そして高性能なグラフィックカードを有するPCが不可欠です。

注意しなければならないのは、ただスペックが高いだけではなく、ソフトウェアの仕様に合わせたハードウェアの選定が求められることです。

それにより、円滑なデータの読み書き、迅速なエンコード、プレビューのリアルタイムレンダリングが実現し、効率的なワークフローを確立できます。

動画編集における作業の業務用セットアップでは、ハードウェアと同じくらい、劇的な生産性向上をもたらすソフトウェアの選択が非常に重要となります。

適切に組み合わされたOSとソフトウェアこそが、ストレスのない創造的な環境を築き、動画編集の仕事を次のレベルへと導くことでしょう。

モバイル動画編集の可能性とおすすめPC

モバイル動画編集の可能性とおすすめPC

クリエイター向けPC おすすめモデル4選

パソコンショップSEVEN ZEFT G42DCH

パソコンショップSEVEN ZEFT G42DCH

エンスージアスト級の性能、ゲームも作業も快適にこなすハイスタンダードゲーミングPC
バランスに長けたパフォーマンス、快速32GBメモリと速攻1TB SSDで最前線を走れ
清潔感あふれる白いNZXT筺体、スタイリッシュに部屋を格上げ
最新Core i7で、複雑な計算もサクサク、クリエイティブ作業が加速

【ZEFT G42DCH スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースNZXT H6 Flow White
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT G42DCH

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45GR

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45GR

プロフェッショナルグレードの実力、あらゆるゲームを極限まで引き出すゲーミングPC
最新のRTX 4070Tiと32GB RAMのバランスで、スペックの限界を超えろ
H5 Flowケースのクリアな美しさ、NZXTのミドルタワーが構築する洗練された空間
i7-14700KF、2023年リリースのパワーであらゆる作業を快適に

【ZEFT Z45GR スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースNZXT H5 Flow White
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 TUF B760M-PLUS WIFI D4
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45GR

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47VF

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47VF

高品質ゲーミングPC, 堂々たるパフォーマンスをお届け
スピードとパワーが融合! このバランスは未体験ゾーン
洗練されたデザインのミドルタワーケース, スペースを引き立てる
i7の心臓部で, あらゆるタスクが息吹を宿す

【ZEFT Z47VF スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースThermaltake Versa H26
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47VF

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BSB

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BSB

快適プレイをコミットするミドルレンジゲーミングPC、迫力の32GBメモリと最新グラフィックスで勝利を掴め
有線も無線も超速2.5G LAN・Wi-Fi 6対応、スムーズな接続で勝負時に差をつけるスペック
エレガントでプロフェッショナル、Fractal Northケースが空間に洗練をもたらす
高速処理の新世代Core i7-14700KF、マルチタスキングもストレスフリー

【ZEFT Z45BSB スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースFractal North ホワイト
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel H770 チップセット ASUS製 TUF Gaming H770-PRO WIFI
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BSB

ノートPCにおける動画編集の現状

動画編集の現場では、従来、パワフルなデスクトップPCが支配的でしたが、ノートPCにおける技術進化が著しく、この領域でも絶大な支持を得るようになりました。

最新のノートPCは、軽量コンパクトながらも多核心プロセッサや高性能グラフィックスカードを搭載し、4K、さらには8K動画編集といったヘビーな作業もスムーズにこなせるスペックを持ち合わせています。

特にクリエーターたちの間では、外出先や移動中でもクオリティの高い編集作業を要求されるため、性能面のみならず、バッテリー持続力やディスプレイの解像度、色精度においても細かな配慮がされています。

実際に市場では、コンテンツ制作専用の高性能ノートPCが数多く登場しており、高速ストレージや豊富なメモリといった資源も搭載され、大規模なプロジェクトファイルの読み込みやエクスポートが一昔前と比較して飛躍的に速くなっています。

加えて、再現性の高いカラーマネジメントと細かなタッチ操作が可能なトラックパッドやディスプレイを備え、細部の調整作業においても高いパフォーマンスを発揮しています。

これらの進化は、動画編集者がクリエイティブな作業に集中し、場所を選ばず表現の自由を享受できるよう支えています。

そのため、現場でのニーズに応えるべく、ハイエンドモデルに限らず、より手頃な価格帯のノートPCでも動画編集に対応可能な性能を提供するモデルが増加しています。

そうした中、おすすめのPCを選ぶ際には、プロセッサのコア数やクロック速度、GPUの性能、メモリの量と速度、ストレージの種類と容量といった点を検討すると共に、携帯性や画面の特性に目を向けることが重要です。

エディターのみならず、映像作家やVFXアーティストも含め、多様なクリエイターたちの可能性を大きく広げるモバイル動画編集は、これからもさらにその地位を確固たるものにしていくでしょう。

外出先での編集作業に最適なPCの特徴

外出先での編集作業に最適なPCをご紹介する際、携帯性とパフォーマンスの両立が重要です。

まず、持ち運びやすさを考慮すると、薄型かつ軽量のボディが必須となります。

さらに、長時間のバッテリー持続力も不可欠で、クリエーターたちがカフェや移動中の隙間時間に作業できるほどの稼働時間が求められるでしょう。

パフォーマンス面では、複雑なエフェクト処理や4K以上の高解像度編集をこなすことができる高速プロセッサーや十分なRAM、そして迅速なファイルアクセスを実現するSSDが基本条件です。

画質の細部まで忠実に再現するため、高解像度のディスプレイも欠かせず、色域カバー率の高いIPSパネルなどが推奨されます。

加えて、タッチスクリーンの利用やペン対応など、直感的な操作が可能になるような機能も創造性の向上に寄与します。

連携性も重要なポイントで、複数の外部デバイスとの接続性を保証する多様なポート類や、高速な無線通信能力を有していることが求められます。

さらに、外出先での使用を考慮すれば、堅牢性もチェックするべきでしょう。

落下や衝撃から機器を守る耐久性を備えていることで、安心してどこへでも持ち歩けます。

こうした特徴を備えたPCを選ぶことで、動画編集の専門家も、隙間時間を有効に使ってクリエイティブな作業を展開することが可能となるでしょう。

優れたモバイル動画編集PCは、それ自体が使い手の想像力と創作意欲をかきたてる道具となり得るのです。

ゲーム用PCと動画編集用PCの性能比較

ゲーム用PCと動画編集用PCの性能比較

ゲームと動画編集のためのスペック差

ゲーム用PCと動画編集用PCが持つ性能の本質的な違いを探る際には、それぞれの用途が求めるスペックの特性を理解することが欠かせません。

たとえば、ゲーム用PCには高速なフレームレートに対応し、リアルタイムの描画処理に適した高性能なグラフィックスカードやマルチコアのプロセッサが求められます。

これに対して動画編集用PCは、解像度の高い動画データを滑らかに処理するために圧倒的なストレージ速度と、長時間の作業を快適に支える強力な耐熱性能を備えたコンポーネントが不可欠です。

動画編集では特に、生の映像データを扱うことが多いため、大容量のSSDや高速なメモリを搭載していることが、作業時間の短縮や効率向上に直結します。

さらに、色彩の精密な調整やエフェクトの追加などを行う際には、高い色再現性を持つ専門的なモニターと連携できるようなグラフィックス機能も欠かせません。

これに対しゲームでは、応答速度を優先することが多く、違った種類のモニターが好まれることも少なくありません。

ゲームと動画編集の双方に共通しているのは、パフォーマンスを最大限に引き出すためには、バランスの取れたパーツ選びが重要だという点です。

CPU、GPU、メモリ、ストレージなど、ひとつひとつのコンポーネントが調和することで、目的に応じた最適な動作を実現することができます。

動画編集用PCでは、非圧縮動画データの編集やレンダリング作業など、一瞬の処理速度だけでなく、持続的な高負荷に耐える構成が求められるため、ゲーム用PCとはまた異なる性能の観点が大切となってくるのです。


デュアルユースPCの選定ポイント

良きデュアルユースPCとは、ゲームのエキサイティングな世界を存分に堪能できる一方、動画編集の複雑な要求にもしっかり応えることができるマシンです。

選定をする際には、まずプロセッサーの性能を見逃してはなりません。

動画編集では多数のコアと高いスレッド数が求められますが、ゲームではシングルコアのパフォーマンスが重要です。

したがって、どちらの要求も満たす高性能なCPUを搭載したPCが理想的と言えるでしょう。

次にグラフィックス性能への注目が絶対条件です。

ゲーム用PCでは強力なGPUが欠かせませんが、4K編集やレンダリングなどのヘビーデューティーな動画作業にも同様のパワーが必要です。

最低でも中位クラスのグラフィックカードは必須といえ、できればトップクラスを選ぶことが望ましいです。

また、専用のビデオRAMが豊富なグラフィックカードは、マルチタスク処理においてもその威力を発揮します。

メモリも重要な要素です。

動画編集には大量のRAMが求められますが、快適にゲームを楽しむためにも同様に高いメモリ容量が推奨されます。

最低16GBは必要とされていますが、32GB以上あれば将来的なニーズにも応えやすくなります。

共通して必要となる高速ストレージは、作業をスムーズに進めるためにはSSDが理想的で、NVMeタイプのドライブであればなおさら素早いデータアクセスが可能になります。

容量も大きければ大きいほど良く、動画ファイルは非常に容量を取るため、余裕を持った選択が望ましいです。

動画編集PCと周辺機器の最新アップグレード

動画編集PCと周辺機器の最新アップグレード

最新のモニターとカラーキャリブレーションツール

動画編集PCにおけるモニターの品質は、作品の色彩を正確に捉える上での必須の要素です。

2024年のトレンドとして、4K以上の解像度を有する高精細モニターが標準となりつつありますが、それに加えてHDR対応が重要視されています。

高いコントラスト比と広色域が、映像編集において細部に渡る高い再現性を提供することでしょう。

また、色彩の精度をさらに高めるためには、カラーキャリブレーションツールが不可欠です。

特に最新モデルでは、ユーザーが環境に合わせて色温度や輝度などを細かく調整でき、結果として編集作業の正確性が向上します。

プロフェッショナルが求める水準のディスプレイ校正が可能となり、出力される映像作品の品質は格段に高まる傾向にあります。

このような最新のモニーターやカラーキャリブレーションツールの使用は、シンプルながらも非常に効果的な手法であり、動画編集のプロセスにおいては、作品の品質を決定づける重要なステップとなるでしょう。

それゆえに、動画編集PCの構成や選択を考える際には、これらの最新技術を取り入れた製品への投資をお勧めします。

これにより、編集者は視覚的な表現の幅を広げることができるのです。

動画編集を効率化する入力デバイス

動画編集を効率化する入力デバイスの選択は、クリエイターたちの工程を一段とスムーズにし、最終的な作品の質を大きく向上させるポイントです。

ここ数年で、入力デバイスのイノベーションは目覚ましく、編集作業の速度と正確さを求めるユーザーの期待に応える形で、プロフェッショナル仕様のキーボードやマウスが開発されています。

例えば、プログラマブルなキーを備えたキーボードが市場に多数登場しており、編集に必要な多くのコマンドを一つのキーに割り当て、複雑なショートカットの操作を無くすことで、編集作業の時間短縮を実現しています。

もう一つ注目すべきは、エルゴノミクスデザインを採用したマウスです。

長時間の編集作業で疲れを感じさせないように設計されており、精密なコントロールを提供するための高感度センサーやカスタム可能なボタンを搭載し、細かな編集作業を快適に行えるようになりました。

さらに、タッチパッドやペンタブレットなど、従来のマウスとは異なる操作感を持つデバイスも、触感や直感を重視するユーザーに愛用されています。

特に、マルチタッチに対応したタッチパッドは、ジェスチャー操作によって複数の機能を直感的に使用することができ、編集作業を画面上で直接コントロールすることが可能なため、細かいカットの編集やタイミングの調整などにおいて、従来のデバイスでは得られなかった流れるような作業体験を提供します。

ペンタブレットは特に、緻密なカラーコレクションやエフェクト調整を行う際に、その精度と直感的な操作性で多くのプロフェッショナルから支持されており、動画編集のクオリティを飛躍的に高める要素となっています。

これらの最先端デバイスは、動画編集PCの必須周辺機器として、2024年にはより高度な機能と人間工学に基づく設計へと進化し続けており、動画編集のプロセスを大幅に改善し、最高の創作経験を実現するためには欠かせない存在です。

動画編集を支えるソフトウェアエコシステム

動画編集を支えるソフトウェアエコシステム

主要な動画編集ソフトウェアの比較

動画編集を支えるソフトウェアエコシステムの核となるのは、それぞれの動画編集ソフトウェアがどのように特色を打ち出しているかです。

Adobe Premiere ProやFinal Cut Pro、Davinci Resolve、Vegas Proといった有名どころから、軽快な動作を誇るHitFilm ExpressやShotcutといった無料の選択肢まで、利用シナリオに応じた比較が求められます。

これらのソフトウェアは、パワフルなトリミング機能、多彩なトランジション、詳細なカラーコレクション、そして高度なエフェクトが可能な点で共通していますが、操作性やエコシステムの拡張性はそれぞれ異なります。

例えば、Adobe Premiere Proはその豊富なプラグインとの互換性、並びにAdobe Creative Cloudとの深い統合性により、多くのプロフェッショナルに支持されています。

対照的にFinal Cut Proは、特にMacユーザーにとって、その高速なレンダリング性能と直感的なユーザーインターフェースが魅力的です。

Davinci Resolveはその卓越したカラーグレーディング機能が際立ち、特に映画やドラマのポストプロダクションでの採用が見られます。

Vegas Proは新参者やインディークリエイターに適した使い易さと手軽さを提供します。

どのソフトウェアを選択するにせよ、動画編集のニーズと、PCのスペックや対応性を見極めることが大切です。

プロジェクトの規模や成果物の目的、予算の範囲内で最も効率的なワークフローを実現できるソフトウェア選びが、最終的なクオリティを左右することになるでしょう。

プラグインとアドオンで拡張する編集機能

プラグインとアドオンは、現代の動画編集ソフトウェアが持つ基本機能を大幅に拡張し、編集者の創造性に翼をさずけます。

これらの小さなソフトウェアツールは、特定の効果、遷移、フィルター、またはワークフローの最適化機能を提供し、作業の速度と効率を飛躍的に向上させることができます。

たとえば、色彩補正のプラグインは、映画のような見栄えを実現するために使われ、専門家でも手軽に詳細な調整を行うことが可能です。

また、3D効果を導入するアドオンは、動画に深みとリアリズムを加えることで視覚的な魅力を高めます。

動画編集ソフトウェアのエコシステムは、多くのサードパーティ開発者が参与しており、それによって生み出されるプラグインやアドオンの多様性は広範囲に及びます。

エンドユーザーである編集者が自らのプロジェクトに最適なツールを選ぶ際には、その使いやすさや、どれだけ劇的に制作プロセスを改善できるかという点が考慮されるべきです。

さらに、高品質な結果を得るためには、アドオンやプラグインが動画編集ソフトウェアとシームレスに統合され、安定して動作することが重要です。

編集機能を拡張するプラグインとアドオンの選定にあたっては、ユーザーのニーズに合わせた多様なオプションがあり、それぞれに独特な特長と価値があります。

例えば、社会的トレンドや視聴者の好みを反映したスタイリッシュな効果を含むパッケージや、編集の精度を追求するユーザーのための細かい調整が可能な高度なツールセットなど、ジャンルも目的も様々です。

これらのツールは、素晴らしい映像作品を生み出すための選択肢を拡げる一方で、個々の編集者が自身のスタイルを確立し、作品に独自性をもたらすための重要な役割を担っています。

あわせて読みたい

おすすめの仕事用パソコン タイプ別完全ガイド

BTOのススメ

ゲーム好きのためのトップパフォーマンス! おすすめBTOゲーミングPC

ゲーミングPCエックス

RTX4080 SUPERで変わるゲーム体験 おすすめゲーミングPCカタログ

BTOパソコンSSR

フルカスタムで最高性能! BTOパソコン注文前のチェックリスト

BTOパソコン リサーチ

動画編集のプロが語る! おすすめBTOパソコンで快適作業

ゲーミングBTOパソコン総研

究極のデスクトップゲーミングPCを求めて おすすめ機種の選定ポイント

BTOパソコンSSR

ゲームに最適なおすすめPC選び ゲーム用パソコンの初心者から上級者まで

BTOのススメ

グラフィックス重視! おすすめBTOゲーミングPCの究極選択

ゲーミングPCエックス

ゲームPCのスペック革命! あなたの選び方をアップデート

BTOパソコン リサーチ

クリエイターPC最強ガイド おすすめの選び方

BTOパソコンSSR

BTOで理想のセットアップ! おすすめカスタムパソコンガイド

ゲーミングBTOパソコン総研

最速! おすすめBTOゲーミングPCでゲーム環境を格上げ

BTOのススメ

学生からプロまで! 全分野カバーのおすすめCore i7 PC

BTOパソコン リサーチ

投資する価値あり! DTM専門家が推奨する音楽制作PCおすすめ一覧

ゲーミングPCエックス

RTX4070Ti SUPERで実現する おすすめ最新ゲーミングPC体験

BTOのススメ

3DアニメーターのためのPC選び 効率を最大化するスペックガイド

BTOパソコン リサーチ

最適解発見! パソコンカスタマイズ&注文プランニング完全版

BTOパソコンSSR

AIイラストビジネスを加速する! 効率的なおすすめPC選び方指南

ゲーミングPCエックス

大学生向けパソコントレンド2024 最新技術を備えた学生向けモデルレビュー

BTOパソコンSSR

映像制作プロフェッショナル推薦! ハイエンドパソコンの選び方

BTOのススメ

手に入れたい! 動画編集に最適なおすすめPCトップセレクション

BTOパソコン リサーチ

おすすめデスクトップゲーミングPC コアゲーマーの選び方

ゲーミングBTOパソコン総研

おすすめBTOゲーミングPC 4K、VR…最高の体験へ

BTOのススメ

ゲーム実況向け! コアゲーマーのためのおすすめPCリビュー

ゲーミングPCエックス

ハイエンドPCの真髄! おすすめの高解像度対応モデル紹介

BTOパソコンSSR

究極のVR体験 ゲーミングPC性能フル活用ガイド

BTOパソコン リサーチ

デザインからプログラミングまで! 大学生向けおすすめパソコン

ゲーミングBTOパソコン総研

出力品質を左右する! 3DCGデザイナーのPCスペックガイド

BTOパソコンSSR

信じられる性能! AIプログラッミング向けおすすめ「AI PC」紹介

BTOのススメ

レスポンス重視! ゲーム実況にピッタリなおすすめPC選定法

ゲーミングPCエックス

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次